Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C367]

殴られ闘士は 反射スキルもありませんでした?

魂の暴走×覚醒 なんてビルドはどうでしょう^^
(どっちも時間的に微妙ですが…
  • 2010-11-03
  • 投稿者 : お察し
  • URL
  • 編集

[C368] お察しさんへ

>殴られ闘士は 反射スキルもありませんでした?

反射スキル(攻撃を受けたとき、攻撃をするスキルと解釈)はありません。
闘士のパッシブスキルで、"リフレクション"というスキルがありますが、これはダメージを軽減する効果と攻撃速度+の効果のみです。
スキルの説明で、
"攻撃を反射させてダメージを軽減した上で反撃の準備をする"
と書いてあるのでややこしいですよね。

>魂の暴走×覚醒 なんてビルドはどうでしょう^^

・魂の暴走の効果
攻撃速度+、移動速度+、防御力-、回避率-、一定時間の間CPの消費無し

・覚醒の効果
攻撃速度+、移動速度+、防御力+、回避率+、命中率+

魂の暴走と覚醒では、上書きされる関係の効果が多く、命中率+に至っては闘士のオートスキルの"コンセントレーション"があります。
また、魂の暴走の回避率-、防御力-は、低下系抵抗で防ぐことが不可で、防御力-は治療すら不可能らしいです。
参考
ttp://pritch.blog111.fc2.com/blog-category-26.html

つまり、同じスキルLvの魂の暴走と覚醒を両方使用した場合、魂の暴走の移動速度+を除く効果&覚醒の命中率+、移動速度+の効果しか得られないので、
"魂の暴走を使用するなら覚醒はいらない"
"覚醒を使用するなら魂の暴走はいらない"
ですね。

クールタイム中にどちらか一方を使用ならまだ良いかもしれませんが、どちらもスキル難易度5の自己限定支援スキル(自プレーヤーにしか効果が無い支援スキル)ということを考慮すると微妙かもしれません。

ちなみに、記事の内容は"狩りが不可能ではないビルド"を前提に書いております。
(効率が良い、悪いはまた別の問題です。)
お察しさんの考えたビルドですと、記事の内容のビルドか、それ以外の狩りが可能なビルドに落ち着くかと思いますよ。
  • 2010-11-04
  • 投稿者 : あたしは犬になる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kyoumowanwan.blog44.fc2.com/tb.php/204-a317ead7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

闘士のスキルを含むビルドの例

いろいろな方の情報をまとめたり、妄想でビルドを考えてみました。

()内のスキルは、スルーしても問題の無いスキルです。

~闘士スキルメインビルド~
【単体火力】
1.ポゼッション・ブル or ポゼッション・ピューマ → ○○拳系 → 竜撃破 or プラズマボルト

単体多段攻撃のスキルをメインとするビルド。
低Lvではポゼッション・ブルが圧倒的に良く、高Lvになるとブル派とピューマ派に分かれるようです。
竜撃破は敵をノックバックさせながら攻撃をする為PTでは不向きです。
竜撃破の方がプラズマボルトよりダメージが高いです。

2.ポゼッション・ホーク → 大熊拳 or 鷹の目拳 or 雷撃破 → (雷撃破)

ポゼッション・ホークによる攻撃回数+による、同時多段攻撃をメインとするビルド。
ポゼッション・ホークは、スキルLv40で+3回(通常攻撃4回)以降、スキルLvを上げても攻撃回数は増加しません。
大熊拳は鷹の目拳よりもダメージが高いですが、敵をノックバックさせてしまう為連発が難しいです。
雷撃破はダメージが大熊拳より高く、ノックバックせず、コンボによる追加ダメージ、更にはスキル使用後に強打確率が付加されますが、クールタイムが60秒もあります。

【範囲火力】
3.ポゼッション・ブル or ポゼッション・ピューマ or ポゼッション・スネーク → ○○拳系 → 双連破 or 桜吹雪

範囲攻撃のスキルをメインとするビルド。
最後に使うスキルが変わっただけで、主に"1"のビルドと同じです。
ポゼッション・スネークは、双連破のクールタイム(5秒)を減少させるために使用。
ポゼッション・ブルを使用するなら、桜吹雪よりも多段攻撃スキルの双連破の方が良いです。
桜吹雪は足止めにも役に立ちます。

~霊術師スキルメインビルド~
【物理火力】
4.ポゼッション・ブル or ポゼッション・ピューマ → 乱切り or 嵐斬り

ポゼッション系による効果付加を利用し、霊術師の多段攻撃スキルの火力を上昇させて狩りをするビルド。
霊術師のスキルのみで狩りをするよりも火力は上昇しますが、問題は変身する時間のロスですね。。

5.ポゼッション・ホーク → ソウルプランダー or 必殺斬り

ポゼッション系による効果付加を利用し、霊術師の単発攻撃スキルの火力を上昇させて狩りをするビルド。
問題はやっぱり変身する時間のロス。
火力としては十分やっていけると思います。

【知識単体火力】
6.レイジソウル → ポゼッション・ホーク → 鷹の目拳 → (ポゼッション・ホーク) → (レイジソウル) → (魂斬り)

霊術師のレイジソウルを使用し、ポゼッション・ホークで攻撃回数を増やした単体攻撃スキルで狩りをするビルド。
(レイジソウル発動後に変身をしても、最高6秒間はレイジソウルの効果が持続しています。)
問題は言うまでも無く変身する時間のロス。
ポゼッション・ホークによって攻撃回数が増えた単体攻撃スキルに付加されるレイジソウルは、
攻撃回数ごとにレイジの発動確率があり、発動したレイジの合計ダメージを攻撃回数で割ったダメージが表記ダメージになります。(詳しくはこちら)
つまり、スキル表の表記と攻撃したときの表記のレイジのダメージは違えど、合計ダメージは発動した回数分のレイジのダメージなので何ら問題ありません。
鷹の目拳や魂斬りは属性低下効果があるので、火力を上げることが可能です。


【知識範囲火力】
7.(ポゼッション・ブル) or (ポゼッション・スネーク) → (ソウルブレイズ) + レイジソウル → (ポゼッション・ブル) or (ポゼッション・スネーク) → 双連破

霊術師の知識スキルを使用し、双連破による手数を使って狩りをするビルド。
(レイジソウル発動後に変身をしても、最高6秒間はレイジソウルの効果が持続しています。)
問題は当然ながら変身する時間のロス。
双連破に付加されるレイジソウルのダメージが表記通りであるかは、未検証の為不明です。
ポゼッション・ブルを使用することで火力を上げることが出来ますが、レイジやブルの持続時間の関係上使いどころが難しいです。
ポゼッション・スネークはソウルブレイズ、双連破のクールタイムを減少させる為に使用。
双連破で狩り残した場合の処理方法等、問題は多いです。
嵐斬りをすると硬直時間のロスがありますし…

~その他のビルド~
【なんちゃって範囲火力】
8.ポゼッション・ブル or ポゼッション・ピューマ → (大熊拳) → 猛牛拳

大熊拳のノックバックで敵を飛ばし、猛牛拳で追いかけた敵とその間にいる敵を攻撃するビルド。
しかし、猛牛拳はタゲを必要としないため、大熊拳が無くても良いです。
猛牛拳は使用した敵との間の敵にもダメージを与えるスキルのため、範囲攻撃スキルとして考えます。
猛牛拳がタゲ必須であるなら、コンボって感じがしたのに…
という残念なビルドです。

【殴られ】
9.(ポゼッション・スネーク) → 魂の暴走 → ポゼッション・ブル → 双連破 or 竜撃破 or 嵐斬り

ダメージ返し装備による反射ダメージとポゼッション・ブルによる追加ダメージを利用した殴られ。
霊術師で考えていたときよりも殴られがやりやすくなりました。
というのも、ポゼッション・ブルの追加ダメージの吸収で回復が楽になったからです。
でも、ダメージ返し装備の上限200%のせいで、殴られというよりポゼッション・ブルで狩りをしている感じになるでしょうね…
魂の暴走は防御力、回避率低下の効果のため使用。
ポゼッション・スネークは魂の暴走のクールタイム減少させる為に使用します。


ビルド"1"と"3"の○○拳系(ピューマアタックも含みます)については、
スキルに一長一短があるので人によってばらつきが出そうです。

"蛇の目拳"
長所: 遠距離から攻撃出来る、
    他の○○拳系スキルと比べるとノックバックが無く硬直時間が無い、
    スキル難易度が低い

短所: CP獲得<CP消費、ダメージが低い

"鷹の目拳"
長所: 属性低下の効果がある、ポゼッション・ホークの効果を受けることが出来る、
    他の○○拳系スキルと比べるとノックバックの効果が無く硬直時間が無い

短所: CP獲得<CP消費、ダメージが低い

"猛牛拳"
長所: CP獲得>CP消費、遠距離から近距離に迫れる、範囲攻撃でもある、
    他の○○拳系スキルと比べるとノックバックの効果が無い

短所: 攻撃するまでに少し時間がかかる

"大熊拳"
長所: CP獲得>CP消費、ダメージが高い、
    ポゼッション・ホークの効果を受けることが出来る、
    他の○○拳系スキルと比べると硬直時間が無い

短所: ノックバックの効果があるため場合によっては使い勝手が悪い

"ピューマアタック"
長所: 遠距離から攻撃出来る、多段攻撃スキル、防御力低下の効果がある、
    他の○○拳系スキルと比べるとノックバックが無い

短所: CP獲得<CP消費、硬直時間が長い、命中率が低い

個人的には"2"のビルドと併用が可能な"鷹の目拳"か、
遠距離、スキル難易度が低い"蛇の目拳"が良いと思います。
"蛇の目拳"はスキル表では追加ダメージ上昇率が他のスキルと比べて低くなっていますが、実際には同じようです。

以上、闘士のスキルを含むビルドの例でした!

【2011/08/14 訂正】
蛇の目拳の追加ダメージ上昇率が他のスキルと同じであるという情報があったので訂正しました。

2件のコメント

[C367]

殴られ闘士は 反射スキルもありませんでした?

魂の暴走×覚醒 なんてビルドはどうでしょう^^
(どっちも時間的に微妙ですが…
  • 2010-11-03
  • 投稿者 : お察し
  • URL
  • 編集

[C368] お察しさんへ

>殴られ闘士は 反射スキルもありませんでした?

反射スキル(攻撃を受けたとき、攻撃をするスキルと解釈)はありません。
闘士のパッシブスキルで、"リフレクション"というスキルがありますが、これはダメージを軽減する効果と攻撃速度+の効果のみです。
スキルの説明で、
"攻撃を反射させてダメージを軽減した上で反撃の準備をする"
と書いてあるのでややこしいですよね。

>魂の暴走×覚醒 なんてビルドはどうでしょう^^

・魂の暴走の効果
攻撃速度+、移動速度+、防御力-、回避率-、一定時間の間CPの消費無し

・覚醒の効果
攻撃速度+、移動速度+、防御力+、回避率+、命中率+

魂の暴走と覚醒では、上書きされる関係の効果が多く、命中率+に至っては闘士のオートスキルの"コンセントレーション"があります。
また、魂の暴走の回避率-、防御力-は、低下系抵抗で防ぐことが不可で、防御力-は治療すら不可能らしいです。
参考
ttp://pritch.blog111.fc2.com/blog-category-26.html

つまり、同じスキルLvの魂の暴走と覚醒を両方使用した場合、魂の暴走の移動速度+を除く効果&覚醒の命中率+、移動速度+の効果しか得られないので、
"魂の暴走を使用するなら覚醒はいらない"
"覚醒を使用するなら魂の暴走はいらない"
ですね。

クールタイム中にどちらか一方を使用ならまだ良いかもしれませんが、どちらもスキル難易度5の自己限定支援スキル(自プレーヤーにしか効果が無い支援スキル)ということを考慮すると微妙かもしれません。

ちなみに、記事の内容は"狩りが不可能ではないビルド"を前提に書いております。
(効率が良い、悪いはまた別の問題です。)
お察しさんの考えたビルドですと、記事の内容のビルドか、それ以外の狩りが可能なビルドに落ち着くかと思いますよ。
  • 2010-11-04
  • 投稿者 : あたしは犬になる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kyoumowanwan.blog44.fc2.com/tb.php/204-a317ead7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カウンター

プロフィール

あたしは犬になる

Author:あたしは犬になる
見た目は犬じゃないけれど、気持ちはいつも犬のまま。

QRコード

QRコード

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ファンサイトランキング

ファンサイトランキング
再登録出来たよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。