Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kyoumowanwan.blog44.fc2.com/tb.php/173-bef90298
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

殴られリトルとは?~GV編~

殴られリトルとは?~GV編~では、

ローズガーデン(反射ダメージ)を使用してGV相手を倒す方法とローズガーデン(反射ダメージ)の対策について、また、GVにおけるローズガーデンの効果を書いていきます。
つまり、殴られリトル自身がGV相手を倒す方法だけではなく、ローズガーデンの効果を受けたPTメンバーがGV相手を倒す方法も含まれております。

ローズガーデンの効果についてあまり知らないという方は、

殴られリトルとは?~ローズガーデン編~

こちらを読んでからこの記事を読むと、理解しやすいかと思います。
また、過去の仕様と現在の仕様の違いを比較する参考として、

2009年12月15日アップデート~ローズガーデンの効果 in GV~

こちらを読んでみても良いかもしれません。


この記事の内容は、現在のローズガーデンの仕様(2009年12月15日~の仕様)とします。
※2010年4月20日のアップデートで元の仕様に変更されました。
この記事を現在の仕様で修正するかもしれません。



★ローズガーデン(反射ダメージ)を使用してGV相手を倒す方法

【1】効果的な方法

●決定打(クラッシュ)を受ける

GV会場で、決定打を受けるとどうなるのか?
検証されているブログがあります。(どれだけ呑んでもDJB!様)

単純にHPの3分の1のダメージが√されないようです。

このブログによると、決定打のダメージは、HPの約4.13%のようです。

例)HP20000の反射率1000%のBISが決定打を受けた場合の防御力1000の相手に与えられる反射ダメージ
(通常ダメージは50とします。)

決定打の計算
20000×0.0413=826

被ダメージ(決定打+通常ダメ)の計算
826+50=876

反射ダメージの計算
((876×10)^2)÷((876×10)+1000)=7862.459016
※決定打の計算は確実なものではありませんので、実際には違う数値になるかもしれません。

あくまでも例ですが、普通の火力さんであれば即死級のダメージですね。


●ペット、召喚獣を用いる

ペットや召喚獣は被ダメージが√されません。
普通であればデメリットなことかもしれませんが、殴られではこれを生かして相手を倒すことが出来ます。
大抵の場合、相手はペットを攻撃して倒したとしてもポイントにならないので、直接攻撃してくることはありません。
よって、物理移動攻撃スキルに巻き込ませることを狙っていく必要があります。

しかし魔法ダメージにかなり弱いため、気まぐれの日で属性抵抗をUP、のどかな一日でHPをUP、BISのスキル”ブレッシング”でHPをUP、BISのスキル”ミラータワー”で属性抵抗をUPさせる等の対策をしないと、すぐにやられてしまいます。

死んでしまってもダメージ返しの効果は続くため、死んでしまうたびにローズガーデンの上に乗らなくても良いです。

応用例)

・ネクロマンサーのスキル”マリオネット”でペットを操作
相手の動きを読んで、殴られに行くことが出来る。

・ネクロマンサーのスキル”蘇生術”を使用する
相手の攻撃で即死してしまう場合でも耐えることが出来。
つまり、ペットのHPが低くて即死してしまう場合(死亡したときの被ダメージは反射できない)でも相手にダメージを与えることが出来る。

・影隠れを使うペットを用いる
透明になるため、ペットの場所を判定されにくくなる。
つまり、警戒されずに物理移動攻撃スキルを相手が使ってくる機会がUPする可能性がある。

・バイトハンギングを使うペットを用いる
相手に密着することが出来るため、ペットを攻撃される機会がUPする可能性がある。

・ディスチャージアタックを使うペットを用いる
相手のCPを減らすことが出来るため、CP獲得スキル(CP獲得出来る物理スキルのほとんどは、反射可能なスキルです)を使用させる機会がUPする可能性がある。
また、攻撃される機会がUPする可能性がある。

・モンスターチャージを使うペットを用いる
相手に突進するスキルであるため、相手の攻撃を読んで、瞬間的に殴られに行くことが出来る。


●火力のある武道家を狙う

武道家のスキルのほとんどは、ダメージを反射出来るスキルです。
つまり火力のある武道家さんに狙われれば、相手を倒すことが出来るかもしれません。

しかしプレーヤーの場合、被ダメージが√されるため、即死級の反射ダメージを与えることが出来ません。

倒すことの出来る武道家の例)

・決定打を出すことが出来る装備(バタフライスティング等)をしている

・飛び蹴りを多用する
飛び蹴りには決定打率5%の効果がある。
また、ペットを巻き込む可能性がある。

・超高火力でHPが低い

倒すことの出来ない武道家の例)

・ステータス”健康”が高い
被ダメージが低い、相手のHP・防御力が高いため倒すことが出来ない。

・力固定装備をしている
被ダメージが低いので倒すことが出来ない。

・ローズガーデンの効果について知識がある
ダメージが減ったところで攻撃を止めたり、逃げ出してしまうので倒すことが出来ない。


●アーチャーのスキル”インターバルシューター”を受ける

インターのダメ反射

アーチャーのスキル”インターバルシューター”は、矢、一発一発の被ダメージを反射ではなく、インターバルシューターの被ダメージの合計を反射します。
つまり高被ダメージを受け、相手に高反射ダメージを与えられれば、相手を倒すことが出来るかもしれません。

しかし、遠距離攻撃であるため、離れた位置にいる相手には反射ダメージを与えることが出来ません。
また、インターバルシューターは連続して使用することが出来ないので、プレーヤー相手の場合HPを削れ切れず、倒せない可能性が高いです。

インターの反射ダメージは”相手を倒す補助ダメージ”だと考えれば良いでしょう。

倒すことの出来るアーチャーの例)

・超高火力でHPが低い

倒すことの出来ないアーチャーの例)

・反射ダメージを与えられない距離から攻撃をしてくる

・インターバルシューターをしない

・防御力やHPが高い


●物理移動攻撃スキルを受ける

物理移動攻撃スキルは、指定した場所まで攻撃をしながら移動するスキルです。
これを使って、プレーヤーやペットを巻き込ませて相手を倒すことが可能です。
また、多人数を巻き込むため、瞬間的に相手に与える反射ダメージを高くすることが出来ます。

反射ダメージを与えることの出来る移動スキル(物理移動攻撃スキル)の例)

・剣士スキル”タンクラッシュ”

・剣士スキル”ファイナルチャージング”

・ランサースキル”サプライジングレイド”
物理範囲攻撃スキルでもある。

・ランサースキル”ワーリングアサルト”

・ランサースキル”マルチプルツイスター”

・武道家スキル”飛び蹴り”

反射ダメージを与えることの出来ない移動スキルの例)

・ランサースキル”ワールランニング”
物理ダメージがないため、反射出来ません。


●リトルウィッチスキル”ラビットラッシュ”を用いる

ラビットラッシュを使用することで相手の移動を封じ、
物理移動攻撃を使用してくる可能性をUPさせられます。


●天使スキル”マジックディスペリング”を用いる

相手のCPを減らすことが出来るため、CP獲得スキル(CP獲得出来る物理スキルのほとんどは、反射可能なスキルです)を使用させる機会がUPする可能性があります。

ギルドダンジョンによって心臓30秒が手に入りやすくなった今だと、あまり効果的ではないかもしれませんが。


【2】GVでのローズガーデンの使用方法

1.ローズガーデン使用前

スキル装備をし、BISのスキル”ディバインアーチ”でスキルが上がっていることを確認しましょう。
ローズガーデンを再使用するとき、同スキルLvまたは、そのスキルLv以上でないと、ダメージ返しの効果を上書き出来ないので、ローズガーデンのスキルLvがいくつであったか覚えておきましょう。

2.ローズガーデン使用

パーティーに入り、ローズガーデンを使用します。
パーティーメンバー(ペット、召喚獣を含む)は、ローズガーデンの上にいないと効果がないので、ローズガーデンの上に固まっておきましょう。

3.ローズガーデン使用後

自プレーヤーが所属しているパーティーの他にもパーティーがある場合は、一度脱退し別のパーティーに入ります。
このとき、先程使用したローズガーデンを使いまわすことが出来るので、回線引っこ抜いてログインし、新たにローズガーデンを使用する必要はありません。
2.の説明と同じように、パーティーメンバーはローズガーデンの上に固まっておきましょう。
パーティーメンバーにダメージ返しの効果が行き届いたら、再び元のパーティーに戻ってもOKです。

4.ローズガーデンの効果の上書き

時間の経過によってローズガーデンが消え、再びローズガーデンを出すことが出来るようになります。
このとき、ダメージ返しの効果が継続している場合がありますので、初めに使用したローズガーデンのスキルLvと同じかそれ以上のLvでローズガーデンを使用しましょう。
最初に使用したローズガーデンよりLvが低かった場合、初めに受けたダメージ返しの効果が切れるまで、ローズガーデンの上にいてもダメージ返しの効果を受けられない(ダメージ返し持続時間を上書き出来ない)ので注意しましょう。

ダメージ返しの効果が完全に切れていることを確認出来ていれば、最初に使用したローズガーデンのLvより低くてもOKです。


【3】戦い方

殴られは受身です。
よって、いかに相手の攻撃を誘えるか?というのを考えて戦わないといけません。

【1】の内容を複数組み合わせて戦っていくのが良いですが、
現在では、ローズガーデンの効果が広まったことにより、ローズガーデンの対策をしている人が多いかと思われます。
これにより、ローズガーデンの知識を持っている人からすると、【1】の効果的な方法の一部はあまり良い方法では無いかもしれません。

【1】の組み合わせで私が一番効果的だと思うのは、
ペット+物理移動攻撃スキル+ラビットラッシュ
ですかね。

【1】の他にも、GV相手の心理によって戦い方が変わります。

相手の心理の例)

・釣られやすい
誘導させられて物理移動攻撃スキルを使い、ペットを巻き込まされる可能性が有る。

・GVの前半でローズガーデンの有る無しを判断する
GVの前半をローズガーデン無しで戦った場合、後半をローズガーデンの警戒をせずに戦ってしまう。



☆ローズガーデン(反射ダメージ)の対策

ここからは、ローズガーデン(反射ダメージ)の対策を書いていきます。

【1】物理火力職

●反射ダメージを発生させる物理移動攻撃スキルを極力しない
うっかりペットを巻き込んでしまって、お亡くなりになってしまう可能性があります。
足止めをされたら万病を使うか、他職のスキルによって移動不能状態を治してもらうのが良いでしょう。

しかし、物理移動攻撃スキルを使用しなければいけない状態になってしまったとしたら、周囲にペットがいないことを確認して使いましょう。
アーチャーからもしランサーになるときがあるとするならば、反射が起こらないワールランニングを使用しましょう。

●決定打を発生させる装備、スキルをしない

決定打を発生させるスキルは物理火力職にとっては特殊なので、あまり気にしなくても良いかと思いますが、決定打を発生させる装備(バタフライスティング等)を装備しないようにしましょう。

●反射ダメージを発生させない多段物理攻撃スキルを使う

幸い、物理火力は主に多段物理攻撃スキルを使うので、多段物理攻撃スキルのみ使うのならばローズガーデンを恐れることはありません。

反射ダメージを発生させない多段物理攻撃スキルの例)

・剣士スキル”パラレルスティング”

・アーチャースキル”ビットグライダー”

・シーフスキル”ダブルスローイング”

・シーフスキル”ダーティーフィーバー”


反射ダメージを発生させる多段物理攻撃スキルの例)

・アーチャースキル”インターバルシューター”


●遠距離から攻撃をする(アーチャー限定)

インターバルシューターは反射するので、反射ダメージを受けない位置から攻撃をしましょう。


●防御力を高くする

反射ダメージは防御力によって軽減することが出来ます。
よってHPだけではなく、防御力を高くする装備をも考えていかないといけませんね。


【2】物理妨害職

物理妨害職とは、主にノックアウトで妨害をするランサーや武道家のことを指します。


●健康を高めにする

妨害メインであれば、火力を捨て、健康を多くするのが反射ダメージの対策として一番効果的です。


●力固定のついたOPの装備をする

力固定で火力を下げることで、与ダメージを軽減させて反射ダメージを軽減させることが可能です。


●防御力を高くする


●反射ダメージを発生させる物理移動攻撃スキルを極力しない

ランサーの場合、妨害が主にサプライジングレイドなので、物理移動攻撃スキルをしないということ自体が無理です。
他の対策をしましょう。
移動のみする場合は、反射が起こらないワールランニングで移動するのが良いです。

武道家の場合は、物理火力職と同じ方法に加え、怒号で移動不能状態を治すことも出来ます。


●決定打を発生させる装備、スキルをしない

武道家の場合は、飛び蹴りに決定打確立5%がついているので注意が必要です。


●攻撃を止める

反射ダメージによってHPが著しく減ってしまった場合は、攻撃を止めて回復に専念しましょう。


【3】その他

●ペット、召喚獣を倒しておく

物理移動攻撃スキルを使う際の障害になるので、反射ダメージが起こらない、魔法攻撃や多段物理攻撃で倒しておきましょう。



※GVにおけるローズガーデンの影響

【1】火力の補助

・ローズガーデンについて対策を取っていない場合
火力の補助になる。


【2】火力の抑制

・ローズガーデンの対策を取っている場合
装備・ステータスに影響を与え、火力を抑制することが出来る。


【3】行動の抑制

・ローズガーデンの対策を取っている場合
攻撃スキルを制限し、行動を抑制することが出来る。


【4】まとめ

GV相手がローズガーデンについて知識があるかどうか関係無しに、
ローズガーデンを使用することによってGVに影響を与える。





最後に、

ローズガーデンをGVで禁止にすることについて、私は反対します。

以上。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kyoumowanwan.blog44.fc2.com/tb.php/173-bef90298
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カウンター

プロフィール

あたしは犬になる

Author:あたしは犬になる
見た目は犬じゃないけれど、気持ちはいつも犬のまま。

QRコード

QRコード

最新記事

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

検索フォーム

ファンサイトランキング

ファンサイトランキング
再登録出来たよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。