Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラッドシェーカーの検証~被ダメージ後の闇属性ダメージ~

ブラッドシェーカーLv32

戦士のスキル"ブラッドシェーカー"について調べていて、面白いことが分かりました。


被ダメージ0でブラッドシェーカー
↑ダメージを与える前、受ける前にブラッドシェーカー

カラーハリーでダメージ12
↑ウェテンロード/デフヒルズ東部地域にある、カラーハリーでダメージ12を受ける

カラーハリーで12受けた後のブラッドシェーカー
↑カラーハリーでダメージを受けた後にブラッドシェーカー


ブラッドシェーカーの闇属性ダメージは、与えたダメージだけでなく受けたダメージの値を元にして決定します。

その受けたダメージの値を元にして決定した闇属性ダメージは、ブラッドシェーカーを使用しても減少することはありません。


スキル説明の
"但し、1度使用すると血が飛んで消えるので威力は減少する。"
というのは最後に与えたダメージのみなのです。

つまり、高いダメージを受ければ、そのダメージに比例したブラッドシェーカーのダメージを連発出来るということです。


でも、高いダメージを受けたとしても、死んでしまった場合は意味がないのでは?

緑のエントで倒される
↑緑のエントに443+231のダメージを受けて倒される。
その後、高級復活の巻物を使用しデスペナが治癒するまで放置。

緑のエントに倒された後にブラッドシェーカー
↑デスペナ治癒後、緑のエントの近くにいたトランクマンにブラッドシェーカー。

検証の結果、攻撃を受けて倒されたとしても、元となるダメージは残ったままのようでした。


ということは、高いダメージを1度でも受けてしまえば、その高いダメージに比例したブラッドシェーカーを連発することが出来るようになりますね!


カラーハリーでダメージ12

また、カラーハリーや扉罠の様に、敵から直接受けたダメージ以外の被ダメージでもブラッドシェーカーの闇属性ダメージが決定するようなので、

どんな種類のダメージでも、そのダメージを元にして闇属性ダメージが決定すると考えられます。


というわけで、考えることはただ一つです。


☆故意に高いダメージを受ける方法

高火力のペットを魅了させて攻撃を受ける
アンテイムをする敵がいるマップでないと不可能。
ペットを魅了するまでが大変そう。

魅了+モンスターバレット
HPが低い敵だと1次打撃で倒してしまい、2次打撃を受けることが不可能。
現在、自身にダメージを与えられない仕様(ダメージ表示が出るが、実際にはダメージを受けていない)のため、故意に高いダメージを受けられない可能性有り。
モンスターバレットの仕様についてはこちら
”ビックリびんた”と”モンスターバレット”のまとめと比較

ワーム、檻+モンスターバレット
ワームバイトやヘルプリズンを使用する敵がいるマップでないと不可能。
モンスターバレットの仕様についてはこちら
”ビックリびんた”と”モンスターバレット”のまとめと比較

属性低下や防御力低下効果を利用する
敵が与えるダメージに依存、または罠のダメージに依存するため、マップによってダメージに大きく差が出る。
特に低Lv用のマップだと高いダメージを受けるのは不可能。

蘇生術をHPの高いプレーヤーに使い、ダメージカットによるダメージを受ける
HPの高いプレーヤーと蘇生術、ダメージカットの使えるネクロマンサーがいればどのマップでも可能。

ダメージ返しによる反射ダメージ
モンスターが使用するスキルのダメージ返しは反射率がとても低いので対人戦専用。


総合的に考えて、

・蘇生術をHPの高いプレーヤーに使い、ダメージカットによるダメージを受ける

というのが一番良いと思います。


"低Lvの戦士さん"や"運極でとても狩りが出来なさそうなステータスの戦士さん"にはオススメですが、そもそも、条件を揃えるのが厳しいですね…w


もし、実際にやる場合は、

ダメージを受けると闇属性ダメージが変化するので、敵からダメージを受けないように気をつけましょう。





…ちなみに、

檻でダメージを受けるかどうか
↑神秘の洞窟B2のヘルプリズンを使用するモンスターを使って検証

ヘルプリズンの檻を利用して、

自プレーヤー自身に攻撃しダメージ返しによる反射ダメージを受ける
檻に多段攻撃して自プレーヤー自身にダメージを与える

ということも考えたのですが、仕様変更があったのか自プレーヤーにダメージを与えることが出来ませんでした。


次回はブラッドシェーカーをGVで使用した記事です。
スポンサーサイト

【霊術師】ビルド一覧

必ず下記リンク先の記事を読んでからビルド一覧をご覧ください。
各職ビルド一覧について


【霊術師】

"乱斬り"、"嵐斬り"メインビルド

"乱斬り"は物理、多段攻撃、単体攻撃のスキル。

"嵐斬り"は物理、単発攻撃(0.5秒毎に1回、計12回)、範囲攻撃のスキル。
スキル使用後6秒間硬直、クールタイム15秒。

敵の数と硬直時間を天秤にかけてスキルを使い分けます。
闘士のスキルの効果を補助として使うのも良いかもしれません。

下位スキル:メネシス

個人的な評価:★☆☆☆☆
評価の理由 :メジャーなスキルと思われるため。


"真空斬り"、"魂斬り"、"胴斬り"等の妨害系スキルメインビルド

対人戦での妨害系スキル。
その他の妨害系スキルは、魂のスイッチ、腕斬り、ソウルブレイズ。

個人的な評価:★☆☆☆☆
評価の理由 :妨害職という地位を築いているため。


"レイジソウル(非変身型)"メインビルド

魔法、パッシブ(1秒毎に発動)、火属性攻撃を効果範囲内にいるパーティーメンバー(自プレーヤーを含む)の物理攻撃に付加させるスキル。
1回の発動で6秒間効果持続。
火属性攻撃の付加は確率。

非変身型とは闘士のスキルを使わず、霊術師のままで攻撃をすること。
レイジソウルの効果発動後、乱斬りや嵐斬りで攻撃します。

個人的な評価:★★★★☆
評価の理由 :乱斬り、嵐斬りメインビルドの方が狩りの効率が良いので、レイジソウルをメインで狩りしている人は少ないでしょうね。
ただ、火属性抵抗弱化が適応されるようになったので、メインビルドとする人が増える可能性はありそうです。
火力としては悪過ぎるというわけではないでしょうし、パーティーメンバーへの支援に役に立つということで★4つです。



"レイジソウル(変身型)"メインビルド

魔法、パッシブ(1秒毎に発動)、火属性攻撃を効果範囲内にいるパーティーメンバー(自プレーヤーを含む)の物理攻撃に付加させるスキル。
1回の発動で6秒間効果持続。
火属性攻撃の付加は確率。

変身型とはレイジソウルと闘士のスキルを組み合わして攻撃をすること。
組み合わせはいくつか種類があります。

1.レイジソウルの効果発動後、ポゼッション・ホークで攻撃回数を増やして鷹の目拳で攻撃。
2.レイジソウルの効果発動後、双連破で攻撃。
3.ポゼッション・ホークで攻撃回数を増やして霊術師に変身し、レイジソウルの効果発動後、魂斬りや斜め斬りで攻撃。

レイジソウルと双連破との組み合わせ以外は攻撃速度が重要になってきます。

非変身型と比較すると変身時間のロスやポゼッション・ホークで攻撃する時間のロスが問題になってきますが、瞬間的な火力は変身型の方が上回ると思われます。

個人的な評価:★★★★☆
評価の理由 :非変身型と比較すると、こっちのビルドの方がマイナーであるかもしれません。
非変身型と同じ理由で★4つです。



"ソウルブレイズ"メインビルド

魔法、火属性攻撃、単発攻撃、範囲攻撃(スキルLvによって攻撃人数が変化)のスキル。
確率(カリスマによって確率が上昇、呪い抵抗で確率低減可能)によって追加ダメージ(2秒毎に1回)を与えることが出来る。
スキルLvによって追加ダメージの回数が変化する。
ヒーリング等のHP回復スキルで追加ダメージの効果を消すことが出来る。
追加ダメージの効果が消えると全ての補助効果も消える。
追加ダメージは火属性抵抗無視。
クールタイム20秒。

ソウルブレイズはクールタイムがあるので追加ダメージ狙いになるかと思います。
ポゼッション・スネークLv60のクールタイム減少(スキルLv60で最大減少値35%)を使うとクールタイムは7秒です。

個人的な評価:★★★☆☆
評価の理由 :クールタイムが一番の問題ですね。
追加ダメージでとどめを刺すのであれば、クールタイム中に他を釣りに行けば良いのであまり問題にはならないかもしれませんが、確率上昇にカリスマが必要となってきたりとステータス面で難しい感じがします。
効果についてはとても面白いスキルですね。



"必殺斬り"、"斜め斬り"、"ソウルプランダー"メインビルド

物理、単発攻撃、単体攻撃のスキル。

必殺斬りはクリティカル率100%。
サバイバル時でもクリティカル率100%。
ポゼッション・ピューマを使ってダブルクリティカルを出すことは可能。
命中率は50%であるが、ステータスによって命中率が上がる可能性がある(検証の必要有り)。

ソウルプランダーは攻撃速度1秒固定。


闘士のポゼッション・ホークで攻撃回数を増やし、霊術師の単発、単体攻撃のスキルで攻撃します。

斜め斬りや必殺斬りの場合、攻撃速度によっては乱斬りよりも瞬間火力で上回ることが出来るかもしれません。
ただ、変身時間のロスやポゼッション・ホークで攻撃する時間のロスが問題です。

基本攻撃力や攻撃速度を考えると、グラッジサイズNx(攻撃力7~100/攻撃速度1.20秒)が良いかもしれませんね。
攻撃速度+35%、クリティカル率8~11%が2つ付いているので斜め斬りの火力を伸ばせそうです。

個人的な評価:★★★★☆
評価の理由 :変身時間のロスやポゼッション・ホークで攻撃する時間のロスがあるので、これをメインでやっている人は少ないのではないでしょうか。
斜め斬りや必殺斬りを主に使う場合、"乱斬り"、"嵐斬り"メインビルドと比較して、攻撃速度が重要であるところが異なっていて面白いですね。



"竜巻起こし"メインビルド

魔法、風属性攻撃、単発攻撃、範囲攻撃のスキル。
攻撃速度は1秒固定。
敵を引き寄せる(ノックバック抵抗で抵抗可能)効果がある。

個人的な評価:★★☆☆☆
評価の理由 :攻撃速度が1秒固定、基礎魔法攻撃が低く攻撃範囲が狭いため、狩りをするには少々厳しいかもしれません。


~霊術師ビルド補足説明~

魂斬りによる即死抵抗低下を利用した即死狩りビルドというのも考えられるのですが、即死装備依存になってしまうのであえて一覧に入れていません。
各職ビルド一覧とは別で書く予定です。

【2012/03/26 追記】
必殺斬りはサバイバル時でもクリティカル率100%。

"レイジソウル"火属性抵抗弱化適応

2012/03/13アップデート内容
→霊術師のスキル「レイジソウル」に「弱化効果」が適応されるように不具合修正。

これには驚きました@@

弱化効果が適応されていなかったのが不具合だったなんて…w


というわけで、レイジソウルに弱化が本当に適応されているか検証してみました。


レイジソウル弱化適応検証1

スキルLv:Lv55
(魔法基礎攻撃力:25+スキルLv*2 = 135)

知識:621

火属性強化:60%

石像:ケーメンの枠,枠飾りLv1(1%)

錬金術:未取得


以上のときの表記ダメージなのですが、


これは間違いです。


魔法強化の計算部分でなぜか10%を追加した式の値±5がスキル表記ダメージとなっています。
※錬金術の称号を取得することで正しいダメージ表記になるという情報有り(未検証)。
※レイジソウルのダメージ計算は基礎魔法攻撃力で計算した値に+5で最大ダメージ、-5で最小ダメージとなります。


レイジソウルのスキル表記ダメージ計算
(25+(55*2))*(1+(1.14*621/200))*((100+60+1+10)/100)=1047.989745

最大ダメージ:1047.989745+5
最小ダメージ:1047.989745-5

魔法強化の計算部分で+10%しているので、これは実ダメージと異なります。


レイジソウルの実ダメージ計算
(25+(55*2))*(1+(1.14*621/200))*((100+60+1)/100)=986.703795

最大ダメージ:986.703795+5
最小ダメージ:986.703795-5

これに敵の火属性抵抗を考慮すると実際に与えるダメージを求めることが出来ます。

レイジソウル弱化適応検証(ブローチ無し)
↑ブローチ無しのときのレイジソウルのダメージ

敵の火属性抵抗:1%

敵の火属性抵抗値を考慮して計算。

最大ダメージ
((25+(55*2))*(1+(1.14*621/200))*((100+60+1)/100)+5)*((100-1)/100)=981.78675705

最小ダメージ
((25+(55*2))*(1+(1.14*621/200))*((100+60+1)/100)-5)*((100-1)/100)=971.88675705


レイジソウル弱化適応検証(弱化41%)
↑火属性抵抗弱化41%装備のときのレイジソウルのダメージ
(レイジソウルの効果が確率によって乗らなかったとき、属性ダメージの表示はありませんでした。)

敵の火属性抵抗:1%

敵の火属性抵抗値、火属性抵抗弱化効果を考慮して計算。

最大ダメージ
((25+(55*2))*(1+(1.14*621/200))*((100+60+1)/100)+5)*((100-1+41)/100)=1388.385313

最小ダメージ
((25+(55*2))*(1+(1.14*621/200))*((100+60+1)/100)-5)*((100-1+41)/100)=1374.385313


計算の値がSSの実表示ダメージと合っていることから、火属性抵抗弱化ブローチによってダメージ上昇があったと考えられます。

よって、「レイジソウル」に「弱化効果」が適応されていますね^^


この他にも検証したのですが、

弱化の効果の適応は弱化装備をしている攻撃者のみなのか?
→攻撃者のみ

レイジソウルを発動していない攻撃者(SS中のウィザード)の火属性強化(火属性強化ブローチ)の効果は適応されるか?
→レイジソウルを発動していない攻撃者の火属性強化の効果は無い

光属性抵抗弱化の効果は適応されるか?
→光属性抵抗弱化の効果は適応されない

よって、火属性抵抗弱化のみ適応されると考える。


当然の結果しか求められませんでした。



それにしても、火属性抵抗弱化の効果が適応されるということは知識霊術師さんにとっては嬉しいことですよね。

ソロで使うとしたら、"ウォーターベイン"またはレイジソウル発動後に闘士になって"ホットドックボーンNx"の火属性抵抗弱化の恩地を受けるというのが良いかもしれませんね。


もし他職で恩地を受けるということを考えると…

★シーフ
トゥルーリベンジNx(火属性抵抗弱化60%)

★ボトル姫
サムテックス(火属性抵抗弱化15%)

★物理悪魔
火属性抵抗弱化十字架

★物理光奏師
都市伝説(火属性抵抗弱化70%)、火属性抵抗弱化ブローチ

このくらいが良いところ?


検証に協力してくださったWIZさん、ありがとうございました^^


【2012/03/16 訂正】
"この他にも検証…"等
分かり易い文に訂正。

目標への道は険しい…

神秘鏡のかけらDX

初の神秘鏡に挑戦してみました@@

前からやろうと思っていたのですが、昨日ついに決心しました!!

全属性吸収Lv2サークレットに神秘鏡DX

恐らく、理解されないであろうこのベースのこのオプションに神秘鏡のかけらDXを使用!!

殴られリトルの特性上、ベースもオプションも最高(補正は今一つ)と言っても良いようなものだったのですが、


残念なことに消滅してしまいました…><。


…さて、今日はアップデートの日ですね!!

今回のアップでまず気になるところは、神秘の石の値段がどうなるかということです。
聞いた話によると、以前の様なことがテストサーバーでは起こっていたみたいですね。

正式に改良型フルヒール(フルチャージ)ポーションの買取最高額が上がるのか??

10n品を売ってくれるNPC以外のNPCの買取価格も何か変な感じがあったのでそこも気になるところ。


まぁ、まちがい探しイベントで問題箇所は全て修正されているはずですよねww




ブログ見ました!75

攻城戦の開始前に白チャにて。
どうもありがとうございました^^

そのとき、疑問系で返事したのは私に対してかどうかよく分からなかったからですw

【ウルフマン】ビルド一覧

必ず下記リンク先の記事を読んでからビルド一覧をご覧ください。
各職ビルド一覧について


【ウルフマン】

"チェーンドクロー"メインビルド

物理、多段攻撃、単体攻撃のスキル。
スキル使用時、回避率が下がる。
ミスティックフォッグとの併用は不可能。

下位スキル:アイアンクロー、ハイドロフォビア、バイトハンギング 等

個人的な評価:★☆☆☆☆
評価の理由 :メジャーなスキルと思われるため。


"ハウリングブラスト"、"バーニングオーブ(非変身型)"メインビルド

魔法、火属性攻撃、単発攻撃、範囲攻撃のスキル。

ハウリングブラストのダメージは敵との距離によって変化します。
また、CP獲得が少ない、スキル難易度5というのもあって低Lv時は使い難いみたいです。
ただし、攻撃範囲が広いため、狩場によっては一度に大量の敵にダメージを与えることが出来ます。

バーニングオーブはCPの獲得が多い、スキル難易度3のため、低Lv時に使い易いです。
攻撃範囲はウルフマンの正面から直線状にいる敵のみです。

非変身型とはバーニングオーブ使用後から敵に攻撃が当たるまでにウィザードに変身しないということです。
ウルフマン時の知識、装備の効果が適応されます。

個人的な評価:★★★★★
評価の理由 :狩り効率は狩場、装備によってかなり左右されます。
ホットドックボーンや炎狼牙などの火属性強化、弱化装備が必要になってきます。
T力比率指を装備出来れば火力としては十分と言えるのではないでしょうか。
チェーンドクローメインビルドと比べて、ミスティックフォッグが併用出来る点は良いですね。



"バーニングオーブ(変身型)"メインビルド

魔法、火属性攻撃、単発攻撃、範囲攻撃のスキル。

変身型とはバーニングオーブ使用後からバーニングオーブが敵に当たるまでにウィザードに変身すること。
攻撃が当たったときの知識、装備でバーニングオーブのダメージが決定するので、変身型はウィザード時の知識、装備の効果が適応される。

自動上昇する知識や火属性強化、弱化ブローチの効果を活かせることが出来るというのは、非変身型と比べて良い点ですね。

ただし、変身時間のロスはこのビルドの一番の問題ですね。

個人的な評価:★★☆☆☆
評価の理由 :マイナーなビルドであるということはまず間違いないですが、変身時間のロスが大きいということで★2つです。
ウィザード時の知識が多いのにもかかわらず、ウィザードのスキルを使わずにバーニングオーブを使うという拘りは個人的に好きです。



"フラッシュタックル"メインビルド

物理・魔法、光属性攻撃、単発攻撃、移動範囲攻撃のスキル。
巻き込んだ敵にも物理・魔法ダメージを与える。
敵との距離が近過ぎると使用することが出来ない。

物理、魔法両方のカンストが最終的な目標となるでしょう。
基礎魔法ダメージの幅が広いですが最大値は大きいです。

下位スキル:フレイムクロー、ポイズンファング

個人的な評価:★★★☆☆
評価の理由 :移動範囲攻撃スキル、物理・魔法のスキルだったりと面白いスキルではあります。
しかし、ターゲット指定で発動するスキル、敵との距離が近過ぎると使用することが出来ないスキルなので、使い難い感じがあります。



"バウンシングリニア"メインビルド

物理、多段攻撃、範囲攻撃のスキル。
一体の敵に最大2回までダメージを与えられる。
最大回数は12回。

広いマップであれば、ハウリングブラストで釣ると良いかもしれませんね。

下位スキル:グランドクロー、クローローラー、ローリングクラッシュ

個人的な評価:★★★☆☆
評価の理由 :ウルフマンの範囲物理攻撃の中ではダメージ伸びが一番良く、多段攻撃です。
しかし、ターゲット指定で発動するスキル、敵との距離が近過ぎると使用することが出来ないスキルです。
また、ダメージ表示が出ているのにも関わらず実際にはダメージを与えていない場合があり、使い難い感じがするため★3つです。



"ディスプレイスメント"メインビルド

敵に憑依し操ることが出来るスキル。
火力は憑依した敵によって左右される。
敵の呪い抵抗によって憑依することが出来ない場合があるが、ネクロマンサーの死の香りや霊術師の魂斬りによる呪い抵抗低下で憑依可能になる。
一部のモンスターには憑依出来ない可能性有り。

個人的な評価:★★☆☆☆
評価の理由 :マップ上にいる敵によって火力が左右されます。
火力を伸ばそうにもプレーヤーのステータスが反映されないため狩りをするのは困難でしょうね。



~ウルフマンビルド補足説明~

"フラッシュタックル"メインビルドの下位スキルはそれぞれ、属性ダメージが異なっていますが、物理・魔法攻撃という括りで比較し、ダメージと範囲攻撃という点でフラッシュタックルがその中で一番優れているため、フレイムクロー、ポイズンファングを下位スキルとしました。

Appendix

カウンター

プロフィール

あたしは犬になる

Author:あたしは犬になる
見た目は犬じゃないけれど、気持ちはいつも犬のまま。

QRコード

QRコード

最新記事

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

ファンサイトランキング

ファンサイトランキング
再登録出来たよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。