Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フールダメージについて検証してみた


↑動画:フールダメージについて検証してみた

本日、エイプリルフールにちなんで実装されたダメージ、
"フールダメージ"について検証してみました。

…と言っても動画の通りなんですけどね。

表示された被ダメージよりも高いダメージを受けているのが分かります。

まるで装備が反映されていない不具合なんじゃないかと疑ってしまいますね。


誰得なんだ!?

という声も上がっているようですが、特定の条件を満たさないと発生しない様子です。

10周年の贈り物イベントの7回目で貰ったリング(同種であれば代用可)を使用し、
5分後にダメージを受けたり、逆に敵に攻撃してみると確認することが出来ます。

変身、武器交換、装備の付け外しやマップ移動をすることで元に戻るようです。


え、誰得なんでしょうか…
スポンサーサイト

【だからRED STONEは、面白い。】5大都市オフイベについて

あけましておめでとうございます!

タイトルの通り、去年の5大都市オフラインイベントについてですが、
特に面白いネタはありませんので期待せずお読みください。

私は5都市とも応募して5都市とも外れましたが5都市全て行ってきました。

ただ、名古屋、大阪は定員数を超えて抽選になり、
抽選から外れましたので、"北海道"、"東京"、"福岡"のみの参加となりました。


【5大都市オフラインイベントに参加した感想】

1.アップデート情報の内容について
 主にコスチュームの情報でしたかね。
 後はLINEスタンプとか他にもありましたが。

 オフラインイベントとは関係ないですが、個人的には新職の実装やスキルの仕様変更等、
 現状の狩りや対人戦に変化のあるアプデをしてもらいたいのです。

 オフラインイベントでそういった話題が出ると更に盛り上がるはずです。
 (日本先行公開であれば…)

 ただ、アプデについては韓国の開発が絡んでくるので、開発が動かなければどうしようもないんですけどね。

2.オフラインイベントの企画について
 アップデート情報もオフラインイベントの企画の内の一つでしたが、
 それ以外にも"神スイッチ"、"ユーザーの企画する案の発表会"、"抽選会"などがありました。

 あくまでも個人的な意見ですが、抽選会を除いて、
 他のプレーヤーの方とお話ししている方が楽しめる内容だと思いました。

 神スイッチはオフイベに参加している人にとってはアイテムが手に入るわけではありません。
 (わざわざPC持ち込んでとか遠隔操作してアイテム獲得しようとは大抵の人は思いません。)

 ユーザー企画については、その場で考えて書いた案が実際に実装されるのかどうかよく分からないですし、
 言いたいことがあれば直接EMに言えば良いですからね…

 抽選会はゲーム内アイテムの魂のハープや鏡の魔法書が貰えるということで盛り上がってましたねww
 リアルガチャもそうですけど、ゲーム内アイテムが手に入るという方がユーザーにとっては嬉しいわけです。
 凄く当たり前のことですよね。


【オフラインイベントでの収穫】

○北海道
 鏡の魔法書

 リアルガチャにて当たりました。
 で、他のプレーヤーの方にあげました。

○東京
 鏡の魔法書、50億G、魂のハープ、異次元BOX、神秘鏡DX

 抽選会にて当たりました。
 
○福岡
 魂のハープ

 抽選会にて当たりました。


以上が主な収穫です。

オフラインイベントに行けば良い物が手に入ります!!
とても運の要素が強いですがね。


【今後のオフラインイベントの個人的な希望】

オフラインイベントはプレーヤー同士で実際に会って会話するだけで十分楽しめるものなんですよね。
運営がそういう場を作ってくれているということは、とてもありがたいことです。

5大都市オフラインイベントでは運営の用意してくれた名刺のおかげで、自己紹介という他のプレーヤーに話しかけるきっかけが出来て交流しやすかったです。

というわけで、話しかけるきっかけを名刺以外にも作ってもらえれば良いかなと思いました。
サーバー、メインの職が一目で分かるバッチ等の目印を配ったりとかですね。

また、プレーヤーを大雑把に分類すると、GV勢、狩り勢、決戦勢の方がいると思いますので、
それぞれの方に合わせた対戦企画をしてもらえると楽しそうです。
もちろん、対戦で勝った人には賞品があると良いですね。

オフラインでのGV、オフラインでの狩り、オフラインでの決戦、
それぞれの対戦企画と、アプデ情報(日本先行公開)、抽選会、後は適当に他のプレーヤーと交流してもらう。

そんな感じで、色々と難しい面もあるでしょうが実現すれば更に盛り上がるのではないでしょうか。


【余談】
普通にプレイしていて、他プレーヤーがそこにいると思っていたらいない現象について、
RED STONEプレーヤーはもう慣れてしまっていますが、
現在まで何も改善されていないのはおかしいことですからね。

とEMに伝えておきました。

恐らく、今後もこの現象は改善されることはないでしょう。
ただ、改善されないおかげで私は"テクニック"として公開することが出来るのです。

だからRED STONEは、面白い。

2015年もよろしくお願いします!

もうしばらくお待ちください。。

検証ギルドメンバーFeohさんのブログ記事
ハロウィン企画「消えゆく納骨堂モンスターたちの謎を追え」

プレーヤーの姿を見せることなく敵にダメージを与える方法があります。
それを活用したのがFeohさんの動画です。
いやぁ、面白い動画でしたねw

これについてはFeohさんが発見されたのですが、
私が公開したタゲロックを使用していますので、RSテクニック記事の公開早くしろよ!と急かされているわけです。

ちなみにFeohさんは、私が発見していなかったタゲロックも発見されております。
タゲロック"Bタイプ"の上位版でしたので、タゲロック"B+タイプ"と呼ばせてもらっております。

~閑話休題~

この姿が見えない状態に"ステルス"という名前をつけました。

姿は見えませんがダメージを与えられる位置にプレーヤーは存在しています。
決戦で検証してみましたが、ステルス状態のプレーヤーへはタゲを合わせることが出来ない為、
一方的に攻撃することが可能でした。

敵指定を必要としない攻撃方法の場合だとダメージを与えられましたが、
ダメージを与えてもステルスは解除されませんでした。

これだけ聞くと修正待った無し!
という感じですが、そんなことはありませんのでご安心くださいw

公開については11月中にはと考えています。
最近忙しいとか言い訳していられないですね><

公開までもうしばらくお待ちください。。

【RED's Party 2014 in 北海道】開場前

公式オフに参加したい一心で北海道までやってきました。
名古屋決戦大会から、オフイベ皆勤なものでね。

現地に行ってみるとEM一同に遭遇。
このとき時間は11時過ぎ。

来るの早いですよ!と促されて、
近くのネカフェでiphoneの充電がてら時間をつぶしています。

今回はいつものオフイベメンバーがいないので、久しぶりのぼっち参加。

ただ、幸いなことに、
何かしら関わりがある人が来られるようなので
寂しい想いをしなくても良さそうです。

あ、もう参加してる気分になってましたが、
これからが重要でしたね。

当日キャンセル枠当たりますように><

日本最強決定戦2013×REDSTONE BattleWarriors(決戦当日レポ)

更新遅くなりました><

大会が終わってからのコメントもまだ返せて無かったので後で返しておきます。


さてさて、決戦当日について書いていきますね!

☆決戦当日(2013/12/14)

10時~会場入り

犬になるPLAYER

犬になるバッジ

前日に貰ったカードを首にかけて会場に入りました。
バッジは運営から頂きました。

この絵は事前に運営に送ったもので、白鯖のうひさんに私を描いてもらったものです。
姫スゴっ!!のときはお世話になりました><


場当たり&キャラクター調整

2チームに分かれて場当たり、キャラクター調整をしました。

場当たりは前日に教えてもらった動きをやりました。
出ハケとか立ち位置、あとは各チーム考えておいてと言われていたガッツポーズですね。

ここで、ホテルで考えていたガッツポーズがしっくり来なかったので変更することに。
そして最終的にアレになったわけですw


キャラクター調整については、元々用意していたキャラクター以外も作成して良いとのことでした。
まぁ、結局新しく作成はしなかったのですけどね。

名前は全て運営側で統一しており、私の場合は7キャラクター作成していましたので、

犬になる@陽鯖_1 ~ 犬になる@陽鯖_7 までありました。

ビルドをキャラクターの名前で覚えていたのでちょっと焦りましたね。。

調整の時間は30分でした。


開演まで待機

開演までは前日の様に楽屋(舞台裏)で待機してました。
ニコ生の映像もスクリーンに映し出されて見れましたね。

会場外への出入りはスタッフの人に声を掛けられるまでは自由でした。

お弁当とお茶が用意されてましたけど、
ガッツポーズどうするかとか色々と考えることが多くて食べる気が起こりませんでしたね。


…ここで、運営からの追加ルールの伝達がありました。

"3人以上強制落ちしたら再試合、3人未満の場合は続行となります"

これは、懇親会のときに運営に強制落ちについて私が質問したせいだと思います。
不正に強制落ちさせることが出来るのでその対策だったのでしょう。

大会全試合を見て分かるように強制落ち酷かったですよね。。

不正対策とはいっても公平に試合が出来ないルールはやっぱり無いですわ。


・決戦

試合の様子はニコ生の動画を見てもらうとして…

試合をした感想を書いていきますね。


◇VS anpanチーム

試合開始前にメンバーの一人が強制落ちになり4vs5の状態に。

え、これ本当にこの状況で試合やるの…?

という動揺の中、

試合が開始されました!

と言われて…


最終的には、抗議、声援のおかげで再試合することができ、勝つことが出来ました><

ルールを変更してもらったわけなので、内心申し訳ない気持ちになりましたけどね。。


◇VS waruchansチーム(日本戦)

相手はまさかのBIS無し知識2構成。
要となっている霊術を落とす為の構成でした。

どのチームもBIS有りだと思っていたので、
状態異常系のスキルを取っていなかったのですよね。

完敗しました。


◇VS KOREAチーム

前情報でどういう構成か分かっていたので圧勝出来ました。

韓国チームは対霊術を想定していなかったのかもしれませんね。


◇VS waruchansチーム(日韓戦)

日本戦の構成の対応を警戒してか、BIS有り知識無しの構成になっていました。

知識2を想定して私はリトルから姫になったのですが、
あまり良くなかったかもしれませんね…

2戦目にCCしておけば良かったと今更ながら思っています。

足止め+アチャのシカテイによって、またしても霊術を潰されてしまい敗北。。
waruchansチームのガルパラ、シマーがかなり効いていましたね><


◇VS FoxSayチーム

前情報でどういう構成か分かっていたので、呪い抵抗完備のキャラにしていました。
手をラックラッチにしていたので低下系抵抗もありました。

味方の犬(ウルフマン)に至っては、ブラックオーラとラックラッチで低下系異常がほぼ掛からない状態になってました。

ネクロをマジックボックスに入れて放置し、
後は霊術を妨害し戦うことで更に妨害が味方に通らないようにしました。

KOREAチームと同様にこちらも圧勝することが出来ました!



相手の構成を知っていたり構成を読みやすい場合は対策が出来るのですよね。
waruchansチームについてはその点において一つ上手でした。

負けてしまったのはかなり悔しいですね。


終演後

賞金と賞品のネクロネックレスはスタッフから手渡しで貰えました。
予選通過の賞品の指、覇王の鎧、チケットについては、後日連絡帳から案内がありました。

最後にリアルガチャが引けましたけど、来場特典の特製WEBMONEYオリジナルストアカードは貰えませんでした。

貰えた物は上記に書いたバッジと以前に配布されているテイマのTシャツ(黒地に金色のテイマのプリント)ですね。

…で、解散後は準優勝でしたが焼肉を食べに行きましたw


決戦当日の報告は以上です。

noobsチームメンバー及び各チームの皆さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした。
当日声を掛けてくださった青鯖の姫の方、橙鯖の方ありがとうございました。

そして、現地及びニコ生で応援してくださった方々ありがとうございました!!

Appendix

カウンター

プロフィール

あたしは犬になる

Author:あたしは犬になる
見た目は犬じゃないけれど、気持ちはいつも犬のまま。

QRコード

QRコード

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ファンサイトランキング

ファンサイトランキング
再登録出来たよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。