Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殴られリトルとは?~GV編~

殴られリトルとは?~GV編~では、

ローズガーデン(反射ダメージ)を使用してGV相手を倒す方法とローズガーデン(反射ダメージ)の対策について、また、GVにおけるローズガーデンの効果を書いていきます。
つまり、殴られリトル自身がGV相手を倒す方法だけではなく、ローズガーデンの効果を受けたPTメンバーがGV相手を倒す方法も含まれております。

ローズガーデンの効果についてあまり知らないという方は、

殴られリトルとは?~ローズガーデン編~

こちらを読んでからこの記事を読むと、理解しやすいかと思います。
また、過去の仕様と現在の仕様の違いを比較する参考として、

2009年12月15日アップデート~ローズガーデンの効果 in GV~

こちらを読んでみても良いかもしれません。


この記事の内容は、現在のローズガーデンの仕様(2009年12月15日~の仕様)とします。
※2010年4月20日のアップデートで元の仕様に変更されました。
この記事を現在の仕様で修正するかもしれません。



★ローズガーデン(反射ダメージ)を使用してGV相手を倒す方法

【1】効果的な方法

●決定打(クラッシュ)を受ける

GV会場で、決定打を受けるとどうなるのか?
検証されているブログがあります。(どれだけ呑んでもDJB!様)

単純にHPの3分の1のダメージが√されないようです。

このブログによると、決定打のダメージは、HPの約4.13%のようです。

例)HP20000の反射率1000%のBISが決定打を受けた場合の防御力1000の相手に与えられる反射ダメージ
(通常ダメージは50とします。)

決定打の計算
20000×0.0413=826

被ダメージ(決定打+通常ダメ)の計算
826+50=876

反射ダメージの計算
((876×10)^2)÷((876×10)+1000)=7862.459016
※決定打の計算は確実なものではありませんので、実際には違う数値になるかもしれません。

あくまでも例ですが、普通の火力さんであれば即死級のダメージですね。


●ペット、召喚獣を用いる

ペットや召喚獣は被ダメージが√されません。
普通であればデメリットなことかもしれませんが、殴られではこれを生かして相手を倒すことが出来ます。
大抵の場合、相手はペットを攻撃して倒したとしてもポイントにならないので、直接攻撃してくることはありません。
よって、物理移動攻撃スキルに巻き込ませることを狙っていく必要があります。

しかし魔法ダメージにかなり弱いため、気まぐれの日で属性抵抗をUP、のどかな一日でHPをUP、BISのスキル”ブレッシング”でHPをUP、BISのスキル”ミラータワー”で属性抵抗をUPさせる等の対策をしないと、すぐにやられてしまいます。

死んでしまってもダメージ返しの効果は続くため、死んでしまうたびにローズガーデンの上に乗らなくても良いです。

応用例)

・ネクロマンサーのスキル”マリオネット”でペットを操作
相手の動きを読んで、殴られに行くことが出来る。

・ネクロマンサーのスキル”蘇生術”を使用する
相手の攻撃で即死してしまう場合でも耐えることが出来。
つまり、ペットのHPが低くて即死してしまう場合(死亡したときの被ダメージは反射できない)でも相手にダメージを与えることが出来る。

・影隠れを使うペットを用いる
透明になるため、ペットの場所を判定されにくくなる。
つまり、警戒されずに物理移動攻撃スキルを相手が使ってくる機会がUPする可能性がある。

・バイトハンギングを使うペットを用いる
相手に密着することが出来るため、ペットを攻撃される機会がUPする可能性がある。

・ディスチャージアタックを使うペットを用いる
相手のCPを減らすことが出来るため、CP獲得スキル(CP獲得出来る物理スキルのほとんどは、反射可能なスキルです)を使用させる機会がUPする可能性がある。
また、攻撃される機会がUPする可能性がある。

・モンスターチャージを使うペットを用いる
相手に突進するスキルであるため、相手の攻撃を読んで、瞬間的に殴られに行くことが出来る。


●火力のある武道家を狙う

武道家のスキルのほとんどは、ダメージを反射出来るスキルです。
つまり火力のある武道家さんに狙われれば、相手を倒すことが出来るかもしれません。

しかしプレーヤーの場合、被ダメージが√されるため、即死級の反射ダメージを与えることが出来ません。

倒すことの出来る武道家の例)

・決定打を出すことが出来る装備(バタフライスティング等)をしている

・飛び蹴りを多用する
飛び蹴りには決定打率5%の効果がある。
また、ペットを巻き込む可能性がある。

・超高火力でHPが低い

倒すことの出来ない武道家の例)

・ステータス”健康”が高い
被ダメージが低い、相手のHP・防御力が高いため倒すことが出来ない。

・力固定装備をしている
被ダメージが低いので倒すことが出来ない。

・ローズガーデンの効果について知識がある
ダメージが減ったところで攻撃を止めたり、逃げ出してしまうので倒すことが出来ない。


●アーチャーのスキル”インターバルシューター”を受ける

インターのダメ反射

アーチャーのスキル”インターバルシューター”は、矢、一発一発の被ダメージを反射ではなく、インターバルシューターの被ダメージの合計を反射します。
つまり高被ダメージを受け、相手に高反射ダメージを与えられれば、相手を倒すことが出来るかもしれません。

しかし、遠距離攻撃であるため、離れた位置にいる相手には反射ダメージを与えることが出来ません。
また、インターバルシューターは連続して使用することが出来ないので、プレーヤー相手の場合HPを削れ切れず、倒せない可能性が高いです。

インターの反射ダメージは”相手を倒す補助ダメージ”だと考えれば良いでしょう。

倒すことの出来るアーチャーの例)

・超高火力でHPが低い

倒すことの出来ないアーチャーの例)

・反射ダメージを与えられない距離から攻撃をしてくる

・インターバルシューターをしない

・防御力やHPが高い


●物理移動攻撃スキルを受ける

物理移動攻撃スキルは、指定した場所まで攻撃をしながら移動するスキルです。
これを使って、プレーヤーやペットを巻き込ませて相手を倒すことが可能です。
また、多人数を巻き込むため、瞬間的に相手に与える反射ダメージを高くすることが出来ます。

反射ダメージを与えることの出来る移動スキル(物理移動攻撃スキル)の例)

・剣士スキル”タンクラッシュ”

・剣士スキル”ファイナルチャージング”

・ランサースキル”サプライジングレイド”
物理範囲攻撃スキルでもある。

・ランサースキル”ワーリングアサルト”

・ランサースキル”マルチプルツイスター”

・武道家スキル”飛び蹴り”

反射ダメージを与えることの出来ない移動スキルの例)

・ランサースキル”ワールランニング”
物理ダメージがないため、反射出来ません。


●リトルウィッチスキル”ラビットラッシュ”を用いる

ラビットラッシュを使用することで相手の移動を封じ、
物理移動攻撃を使用してくる可能性をUPさせられます。


●天使スキル”マジックディスペリング”を用いる

相手のCPを減らすことが出来るため、CP獲得スキル(CP獲得出来る物理スキルのほとんどは、反射可能なスキルです)を使用させる機会がUPする可能性があります。

ギルドダンジョンによって心臓30秒が手に入りやすくなった今だと、あまり効果的ではないかもしれませんが。


【2】GVでのローズガーデンの使用方法

1.ローズガーデン使用前

スキル装備をし、BISのスキル”ディバインアーチ”でスキルが上がっていることを確認しましょう。
ローズガーデンを再使用するとき、同スキルLvまたは、そのスキルLv以上でないと、ダメージ返しの効果を上書き出来ないので、ローズガーデンのスキルLvがいくつであったか覚えておきましょう。

2.ローズガーデン使用

パーティーに入り、ローズガーデンを使用します。
パーティーメンバー(ペット、召喚獣を含む)は、ローズガーデンの上にいないと効果がないので、ローズガーデンの上に固まっておきましょう。

3.ローズガーデン使用後

自プレーヤーが所属しているパーティーの他にもパーティーがある場合は、一度脱退し別のパーティーに入ります。
このとき、先程使用したローズガーデンを使いまわすことが出来るので、回線引っこ抜いてログインし、新たにローズガーデンを使用する必要はありません。
2.の説明と同じように、パーティーメンバーはローズガーデンの上に固まっておきましょう。
パーティーメンバーにダメージ返しの効果が行き届いたら、再び元のパーティーに戻ってもOKです。

4.ローズガーデンの効果の上書き

時間の経過によってローズガーデンが消え、再びローズガーデンを出すことが出来るようになります。
このとき、ダメージ返しの効果が継続している場合がありますので、初めに使用したローズガーデンのスキルLvと同じかそれ以上のLvでローズガーデンを使用しましょう。
最初に使用したローズガーデンよりLvが低かった場合、初めに受けたダメージ返しの効果が切れるまで、ローズガーデンの上にいてもダメージ返しの効果を受けられない(ダメージ返し持続時間を上書き出来ない)ので注意しましょう。

ダメージ返しの効果が完全に切れていることを確認出来ていれば、最初に使用したローズガーデンのLvより低くてもOKです。


【3】戦い方

殴られは受身です。
よって、いかに相手の攻撃を誘えるか?というのを考えて戦わないといけません。

【1】の内容を複数組み合わせて戦っていくのが良いですが、
現在では、ローズガーデンの効果が広まったことにより、ローズガーデンの対策をしている人が多いかと思われます。
これにより、ローズガーデンの知識を持っている人からすると、【1】の効果的な方法の一部はあまり良い方法では無いかもしれません。

【1】の組み合わせで私が一番効果的だと思うのは、
ペット+物理移動攻撃スキル+ラビットラッシュ
ですかね。

【1】の他にも、GV相手の心理によって戦い方が変わります。

相手の心理の例)

・釣られやすい
誘導させられて物理移動攻撃スキルを使い、ペットを巻き込まされる可能性が有る。

・GVの前半でローズガーデンの有る無しを判断する
GVの前半をローズガーデン無しで戦った場合、後半をローズガーデンの警戒をせずに戦ってしまう。



☆ローズガーデン(反射ダメージ)の対策

ここからは、ローズガーデン(反射ダメージ)の対策を書いていきます。

【1】物理火力職

●反射ダメージを発生させる物理移動攻撃スキルを極力しない
うっかりペットを巻き込んでしまって、お亡くなりになってしまう可能性があります。
足止めをされたら万病を使うか、他職のスキルによって移動不能状態を治してもらうのが良いでしょう。

しかし、物理移動攻撃スキルを使用しなければいけない状態になってしまったとしたら、周囲にペットがいないことを確認して使いましょう。
アーチャーからもしランサーになるときがあるとするならば、反射が起こらないワールランニングを使用しましょう。

●決定打を発生させる装備、スキルをしない

決定打を発生させるスキルは物理火力職にとっては特殊なので、あまり気にしなくても良いかと思いますが、決定打を発生させる装備(バタフライスティング等)を装備しないようにしましょう。

●反射ダメージを発生させない多段物理攻撃スキルを使う

幸い、物理火力は主に多段物理攻撃スキルを使うので、多段物理攻撃スキルのみ使うのならばローズガーデンを恐れることはありません。

反射ダメージを発生させない多段物理攻撃スキルの例)

・剣士スキル”パラレルスティング”

・アーチャースキル”ビットグライダー”

・シーフスキル”ダブルスローイング”

・シーフスキル”ダーティーフィーバー”


反射ダメージを発生させる多段物理攻撃スキルの例)

・アーチャースキル”インターバルシューター”


●遠距離から攻撃をする(アーチャー限定)

インターバルシューターは反射するので、反射ダメージを受けない位置から攻撃をしましょう。


●防御力を高くする

反射ダメージは防御力によって軽減することが出来ます。
よってHPだけではなく、防御力を高くする装備をも考えていかないといけませんね。


【2】物理妨害職

物理妨害職とは、主にノックアウトで妨害をするランサーや武道家のことを指します。


●健康を高めにする

妨害メインであれば、火力を捨て、健康を多くするのが反射ダメージの対策として一番効果的です。


●力固定のついたOPの装備をする

力固定で火力を下げることで、与ダメージを軽減させて反射ダメージを軽減させることが可能です。


●防御力を高くする


●反射ダメージを発生させる物理移動攻撃スキルを極力しない

ランサーの場合、妨害が主にサプライジングレイドなので、物理移動攻撃スキルをしないということ自体が無理です。
他の対策をしましょう。
移動のみする場合は、反射が起こらないワールランニングで移動するのが良いです。

武道家の場合は、物理火力職と同じ方法に加え、怒号で移動不能状態を治すことも出来ます。


●決定打を発生させる装備、スキルをしない

武道家の場合は、飛び蹴りに決定打確立5%がついているので注意が必要です。


●攻撃を止める

反射ダメージによってHPが著しく減ってしまった場合は、攻撃を止めて回復に専念しましょう。


【3】その他

●ペット、召喚獣を倒しておく

物理移動攻撃スキルを使う際の障害になるので、反射ダメージが起こらない、魔法攻撃や多段物理攻撃で倒しておきましょう。



※GVにおけるローズガーデンの影響

【1】火力の補助

・ローズガーデンについて対策を取っていない場合
火力の補助になる。


【2】火力の抑制

・ローズガーデンの対策を取っている場合
装備・ステータスに影響を与え、火力を抑制することが出来る。


【3】行動の抑制

・ローズガーデンの対策を取っている場合
攻撃スキルを制限し、行動を抑制することが出来る。


【4】まとめ

GV相手がローズガーデンについて知識があるかどうか関係無しに、
ローズガーデンを使用することによってGVに影響を与える。





最後に、

ローズガーデンをGVで禁止にすることについて、私は反対します。

以上。
スポンサーサイト

殴られリトルとは?~装備編・改~

いろいろと装備についての考えが変わったので、改めて殴られリトルの装備について書いていきます。
(以前の装備についての考察はこちら


殴られリトルには大きく分けて、2種類の装備が必要です。

1.ローズガーデンを使用する際に必要な装備

2.狩りをする際に必要な装備



1.はスキル装備です。
(RS頭、RS首など)
また、スキル装備の要求を満たす為の装備もこれにあたります。
(【力比率Lv2】、【威厳比率Lv2】、【運比率Lv2】のOPが付いた装備など)


2.は殴られ時の装備です。
殴られリトルの基本は、防御力の低い装備を選ぶことです。
(布の服、サークレットなど)
これによって被ダメージが高くなり、反射ダメージも増えることになります。
しかし被ダメージが高くなった分、HPを高くする装備も必要です。

火力を上げる為には【ダメージ返し】のついた装備を選びます。
この【ダメージ返し】のOPの合計の上限は200%なので、計算して装備するのが良いでしょう。

また、火力を上げる為にスリング殴りをする場合は、【防具破壊】、【決定打】、【即死】のついた装備をするのが良いでしょう。


以下に、殴られリトルにとって必要なOPを記述して、解説していきます。

【最大HP効率】

最も必須なOPです。
【最大HP効率Lv6】のOPのついた装備は、他のOPの装備よりも優先的に装備をするべきだと思います。
【最大HP効率Lv6】のOPがつく箇所は、
頭、首、耳、鎧です。

【最大HP効率】がつく箇所は他にもありますが、Lv6ではないので、他のOPと比較して装備するかどうかを考えたらと思います。

【ダメージ返し】

アンチチャージャ薔薇の蔓ハンズオブアドバサリー
などのUに元からついています。

火力を上げる為に必要になってきます。
装備のダメージ返しの合計の上限は200%なので、計算して装備するのが良いでしょう。
薔薇の蔓の防御+10は表記だけで、効果については未実装みたいです。
(防御+~%は不明)

【攻撃速度】

ポーション投げをするとき、スリング殴りをするとき、釣りをするときに必要になってくるOPです。
蝿殺しは必須です。
【攻撃速度】がついたステッキがあれば、リトル時の釣りで役に立ちます。

【薬回復】

ポーション投げの回復速度に関わってきます。
上限は255%です。
言わずもがな必須。

【CP変換】

あった方がCPの運用が楽になります。
特にスリング殴りをするのなら、指にこのOPが付いたものを装備するのが良いと思います。

【大家】、【RED STONE】、【RED STONE DX】(スキル+OP)

ローズガーデンを使用する際に必要となります。
これがあるのとないのでは、反射ダメージが大きく違ってきます。

【暗闇】

死んだ振りやうさぎ変身などで、緊急に回避する際に必要です。
あらかじめスリング殴りなどで攻撃しておく必要があります。

【防具破壊】

この状態にさせると、防御力を50%DOWNさせることができます。
これによって、与えるダメージを高くすることができます。
弾丸Uのエクインシェルには【防具破壊】が元からついているので、これを装備してスリング殴りをするのが良いと思います。

【決定打】

ボーンイヤリングに元からついています。
スリング殴りなどで攻撃をすることによって、決定打を出すことができます。
これによって、狩り効率を上げることができます。

【即死】

殴られリトルにとっては禁じ手なのかもしれませんが、これによって効率は上がります。
即死を出すためには、スリング殴りなどの攻撃が必要です。
”反射ダメージでモンスター倒すついで”という考えであれば使うべきでしょう。
また、【HP吸収】のOPと組み合わせることで、狩り効率が更に上がります。

【HP吸収】

手Uのハンズオブアドバサリーに元からついています。
決定打や即死と組み合わせると、POTを投げる回数が減り、効率が上がります。

【健康比率】

腰にはLv2が付きます。
異次元でアンチチャージャに付けるのが良いでしょう。

【運比率】

運を上げることのメリットは、

1.ドロップ率が上がる。

2.回避しやすくなる、ドッチクリティカルになりやすくなる為、死に難くなる。

3.リトル時に、運の4分の1がカリスマになり、装備の幅が広がる。

4.スリング殴りなどの物理攻撃が当たりやすくなる。


以上の4つです。
2.はデメリットにもなるので、狩場に応じて装備変更をする必要があると言えます。

【力比率】、【カリスマ比率】

騎士用ベルト黄金のブーツなどのスキル装備の要求を満たすために必要になります。

スキル+5がついているレイリーのレプリカには、カリスマ+40、力比率3分の1がついている。
リトルスキル+3がついている花の乙女のサークレットには、力+70、力比率8分の1、カリスマ比率5分の1がついているので、これらを装備することで要求を満たすことが出来ます。

【状態異常抵抗】、【呪い抵抗】、【低下系抵抗】、【全異常抵抗】、【即死抵抗】、【ノックバック抵抗】

狩場によっては必要になってきます。

【致命打抵抗】、【決定打抵抗】

狩場によっては必要になってきます。
特に高Lv狩場で必要です。

致命打や決定打は効率を上げる為には必要ですが、モンスターのHPの残りが少ないときに受けるのは、赤POTの無駄になります。

殴られリトルとは?~ローズガーデン編~

殴られリトルのメインスキル、ローズガーデンとはどういうものなのか?ということを書いていきます。

※以下の内容の一部は

ピヨ☆の右から左へ受け流す
†カイザー†のREDSTONE NOTE

を参考にして書かせてもらっています。
ありがとうございます^^


~まず初めに~

この記事に使われる用語の説明です。


○ダメージ返し
 装備のOPの効果の1つ、設置されたローズガーデンによって付加される効果、
 エクスパンションによって付加される効果のこと

○ダメージ返しの効果
 相手から受けた物理ダメージを、ダメージ返し量に応じて相手にダメージを与える効果のこと

○ダメージ返し量
 ダメージ返しの"量"のことで、%で表される
 また、同じ意味で"ダメージ反射量"や"ダメージ反射率"とも言われる
 省略して、"反射量"や"反射率"と言う場合もある

○反射ダメージ
 ダメージ返しの効果によって与えるダメージのこと

○ローズガーデンの効果
 ダメージ返しのこと

○ローズガーデンのダメージ返し付加効果
 ローズガーデン上にいるとダメージ返しを付加させる効果

自分でもこんがらがってきたので、追記しました。
"ローズガーデンの効果"と"ローズガーデンのダメージ返し付加効果"が紛らわしいかもしれません…


~スキル説明~

ローズガーデン スキル説明

【スキル難易度】
レベル4

【必要CP】
60

【消費CP】
50+スキルレベル×2.5
スキルレベル50のとき175消費

【獲得CP】
スキルレベル×3
スキルレベル50のとき150獲得

【ダメージ返し:時間】
6秒

【ダメージ返し:量】
25+スキルレベル×10%
スキルレベル50のとき525%

【速度】
16frame

【効果範囲距離】
3m

【ローズガーデン持続時間】
25+スキルレベル×5秒
スキルレベル50のとき295秒


ローズガーデンは設置型で、ローズガーデン内に数秒間いたパーティーメンバー(召喚獣、ペットも含む)は、ダメージ返しの効果を持ちます。
しかし、マジカルドローイングでコピーしたモンスター、ネクロマンサーのデビルイリュージョンの幻影、ランサーのダミーステップのダミーはローズガーデンの効果を受けられません。
また、ローズガーデンから出た後は最大で6秒間ダメージ返しの効果を持っています。

ローズガーデン使用者がマップ移動、リログ、死亡することよって、ローズガーデン自体の効果は無くなります。
死亡して復活した場合、ローズガーデンは残っているように見えますが、ローズガーデンのダメージ返し付加効果はありません。
しかし、新たにローズガーデンを使うことが出来ます。

ローズガーデンの効果を受けたパーティーメンバー(召喚獣、ペットも含む)が死んでしまったとしても、そのパーティーメンバーが受けたローズガーデンの効果は続いています。
死んでいる間もダメージ返しの効果時間が経過しており、リザレクション等で生き返っても、ダメージ返しの効果を持っています。
しかし、最大で6秒間という短い時間なのであまり意味がありません。

武器を装備していなくてもローズガーデンは使用できます。

他のリトルのローズガーデンが重なっている場合、ダメージ返し量の高い方のローズガーデンが優先されます。
サマナーのスキルのエクスパンションとローズガーデン両方の効果を受ける場合も、ダメージ返し量の高い方が優先されます。

他プレイヤーには、他プレイヤーから見える範囲(1画面内)の中で使用されたローズガーデンしか見えません。
他プレイヤーからのローズガーデンの見え方についての検証

自プレイヤーがローズガーデンをした後、自プレイヤーがマップ移動をしたり、リログをしてローズガーデンを見ることが出来なくなっても、他プレイヤーにはローズガーデンが残って見えています。

自プレイヤーがローズガーデンをした後、他プレイヤーが他のマップから移動してきたとき、他プレイヤーにはローズガーデンが見えていません。


~反射ダメージの特徴~

相手の防御力によってダメージが軽減されます。

65536を超えると表示ダメージがループします。
実際に与えているダメージは正常です。
ダメージ返しの検証~上限(カンスト)ダメージ~

反射ダメージを与えることのできる限界の距離は、目安として、ローズガーデンの中心からローズガーデンのエフェクト内です。
つまり攻撃相手が離れていた場合、スキル”インターバルシューター”等の遠距離攻撃を反射することが出来ません。
注)ローズガーデンの効果範囲(3m)=反射ダメージを与えられる距離ではありません。反射ダメージを与えられる距離は3m未満です。

装備オプションの物理ダメージに付く効果(属性ダメージ、状態異常、即死、体力吸収など)は乗りません。
”ダメージ返し”と”ダメージリターン”の効果は同じです。
ダメージリターンの検証

ファイアーエンチャント、ブレッシング、ダークウェポン等の付加効果は乗りません。

ホワイトデーイベントで貰える特製キャンディーを使用したとしても、反射ダメージが増加することはありません。
特製キャンディーで反射ダメージが増加するのか?

恩寵の”打撃時”の効果は発生しません。
恩寵の”スキルポイントアップ時の追加攻撃”の付加効果は乗りません。

感電の追加ダメージは発生しません。
ダメージ返しの検証~感電効果~

武道家の仰け反るや悪魔のワームバイト等のパッシブスキルを発生させません。
検証記録~ワームバイト~
しかし、ネクロマンサーの”ダメージカット”は、敵から受けたダメージだけでなく、あらゆるダメージ(トラップのダメージ等)でも発動する効果であるため例外です。

仰け反るの無敵時間内であっても、反射ダメージを与えることができ、倒すことができます。

武道家が分身していたとしても、分身の数を減らさずに反射ダメージを与えることができ、倒すことができます。

T品を落とすボスモンスターのLvより50Lv以上高くても、ダメージを与えることができます。

モンスターのダメージカットを無視してダメージを与えることができます。

プリンセスのキスで蛙にしたモンスターにダメージを与えることができ、倒すことができます。
プリンセスのキスの検証

放置中(泡が出た状態)にダメージ返しの効果でモンスターを倒した場合でも経験値は入ります。
ダメージ返しと放置と経験値

ネクロマンサーがダメージ反射装備をしているときにデビルイリュージョンを使用すると、ダメージ返しの効果を持った幻影を作ることができます。
しかし、幻影の反射ダメージでモンスターにダメージを与えた場合、そのモンスターから得られる経験値が減少してしまいます。
ランサーのダミーステップも同様です。

ランサーがエターナルプロジェクターを使用しワームを破壊すると、エターナルプロジェクターのダメージを自分が受け、そのダメージの反射ダメージも受けてしまいます。
ワーム破壊時のダメージの検証


以下のダメージは反射することができません。

魔法ダメージ

敵との距離が離れていたときのダメージ

ダメージ返しによる反射ダメージ

壁、床、宝トラップによるダメージ

攻撃を受けて死んでしまったときのダメージ

一部スキルによるダメージ
一部スキルについて

ダメージカットのダメージ


~反射ダメージ計算について~

<反射ダメージ計算式>
反射ダメ = A^2 / (A + 敵防御)
(A = 被ダメ x 反射倍率)


ピヨ☆さんの反射ダメージ計算機

被ダメージが高くなれば高くなるほど、相手に与えるダメージが高くなります。
また、1度にダメージを受ける場合と、それと同じダメージを数回に分けてダメージを受ける場合とでは、1度にダメージを受けた場合の方がダメージが高くなります。
(防御力が0の場合は例外)

例えば反射倍率725%、敵の防御力100のとき、300ダメージを4回受けた場合と1200ダメージを1回を受けた場合を比較してみると、


☆300ダメージ4回の場合

{((300×7.25)^2)÷((300×7.25)+100)}×4=8317.582418

☆1200ダメージ1回の場合

((1200×7.25)^2)÷((1200×7.25)+100)=8601.136364

約300ダメージ程違います。


被ダメージを高くするには、

・被ダメージを受けるプレーヤーの防御力を低くする

・ダブルクリティカルを受ける

・クラッシュを受ける

・BOXダメージを受ける

(BOXダメージとは、2体以上の敵の攻撃を短い間隔で受けたときダメージのこと。
 通常よりも高いダメージを受けることができます。)

以上が効果的です。


ダメージ返し量はローズガーデン(またはエクスパンション)の他に、装備によって上げることができます。

<ダメージ返し量計算式>
ローズガーデン(またはエクスパンション)のダメージ返し量+装備OPによるダメージ返し量

ただし、装備の合計反射量は200%が上限です。
つまり、アンチチャージャ薔薇の蔓を装備すると、合計ダメージ返し250%ですが、ダメージ返し量200%になるということです。
防具破壊の検証とダメージ返し装備の確認


~GV、攻城戦、PVPでの反射ダメージ動作について~

√化されるダメージは、被ダメージだけ(反射ダメージには√がかからない)です。つまり、反射ダメージ計算式通りの反射ダメージの数値になります。
ビーストテイマーのペット、ネクロマンサーのペット、サマナーの召喚獣の被ダメージには√がかからないので、被ダメージの計算および反射ダメージの計算もそのままです。

速度遅いパラ

また、GVでよく使われているスキル、パラレルスティングビットグライダーなどの多段攻撃スキルは、ダメージ返しの効果がありません。
やり直し検証GV~速度の遅いビットは反射するのか?~+α

GVにおいて、ローズガーデン使用者以外がローズガーデンの効果を使って相手を倒した場合、ローズガーデンの効果で倒した人のポイントになります。
ローズガーデン使用者のリトルウィッチにポイントが入るわけではありません。


GVでの反射ダメージの例

☆GV会場内にて、防御力100の武道家の三連回し蹴りを、反射倍率725%の効果を持ったリトルウィッチが受けた場合

三連回し蹴りは1回で3回攻撃がヒットします。


・三連回し蹴りの1ヒット目は通常ダメージ(白ダメージ)だったと仮定。
狩場(√化されない場所)での通常ダメージの被ダメージは3600とします。

√(3600(狩場での被ダメージ))=60(GVでの被ダメージ)

この被ダメージを反射ダメージ計算式にいれます。
1ヒット目の反射ダメージ=((60×7.25)^2)÷((60×7.25)+100)=

353.69158878504674

・三連回し蹴りの2ヒット目はクリティカル(通常ダメージの2倍のダメージ)だったと仮定。
狩場(√化されない場所)での通常ダメージの被ダメージは3600とします。

√(3600(狩場での被ダメージ))× 2 =120(GVでの被ダメージ)

このGVでの被ダメージを反射ダメージ計算式にいれます。
2ヒット目の反射ダメージ=((120×7.25)^2)÷((120×7.25)+100)=

780.3092783505154

・三連回し蹴りの3ヒット目はダブルクリティカル(通常ダメージの4倍のダメージ)だったと仮定。
狩場(√化されない場所)での通常ダメージの被ダメージは3600とします。

√(3600(狩場での被ダメージ))× 4 =240(GVでの被ダメージ)

このGVでの被ダメージを反射ダメージ計算式にいれます。
3ヒット目の反射ダメージ=((240×7.25)^2)÷((240×7.25)+100)=

1645.4347826086957

この例の三連回し蹴りを1回受けたときの反射ダメージの合計は、

353.69158878504674+780.3092783505154+1645.4347826086957=

2779.43564974425

となります。


~ローズガーデンの仕様変更・その他の動作について~

・ローズガーデンを使用後、持続的にCPを回復
→現在は仕様変更されています。
持続的にCPが回復することはありません。



・ダメージ返しの持続効果がローズガーデンの持続時間
→2010/04/20のアップデート以降、元の仕様(6秒)に変更されています。

2009/12/15~2010/04/20の仕様について
2009年12月15日アップデート~ローズガーデンの効果検証~

2010/04/20~の仕様について
2010/4/20アップデート~ローズガーデンとアクアバンブーの検証~


・座った状態でクイックスロットに登録したローズガーデンを使用し、見えないローズガーデンを作り出す
→2010/08/26のアップデートにて、この方法では見えないローズガーデンを作り出すことが不可能になりました。
(座った状態でクイックスロットに登録したスキルが使用出来なくなったため)
しかし、右クリックに登録したローズガーデンを使用することで出来ます。


・ローズガーデンを複数設置
→2011/04/19のアップデートにて、ローズガーデンを複数設置することは不可能になりました。

ローズガーデン複数設置不可~2011/04/19アップデート後~

ローズガーデンを複数設置

ちなみに以下の仕様、方法でした。

『攻撃速度を上げてローズガーデンを使用後すぐに、移動しながらローズガーデン(愛の伝書鳩など他のスキルでも可能)を使用すると、その後もローズガーデンを使用することが出来ます。
しかし効果は、”[ローズガーデン]スキルは同時に1つだけ使えるスキルです。”と表示されたローズガーデンの範囲のみです。』

また、見えないローズガーデン(2)の方法(スキルモーションキャンセル)でも出来ていました。


・自由に立ち止まれる

ローズガーデンを使用し、ローズガーデンが消える前に再び使用すると、
その使用したタイミングの場所で立ち止まることが出来ます。

障害物に隠れたいときに使うと便利です。


・ミラーカーズのダメージを攻撃関係なく受け続ける

ミラーカーズを受け続ける

ミラーカーズを受けた状態で、ローズガーデンを予約するとできます。
予約スキルキャンセル+α

この状態はクリック押しっぱなしで移動した場合だと解除されません。
クリックを離したり、ベルトリロード出来る状態(立ち止まる)になれば解除されます。
他にもスキル使用、変身、座ることで解除されます。


・見えないローズガーデン(1)

見えないローズガーデンで反射

座った状態で右クリックに登録したローズガーデンを使用することで出来ます。
しかし、出来るときと出来ないときがあります。

花乙女スペシャルまたはガールズパラダイスをスキルキャンセルした後、
座ってローズガーデンを予約することで、
"見えないローズガーデン"の成功率を上げることが出来ます。
見えないローズガーデン成功確率上昇方法


☆特徴

・ローズガーデンは見えないが、ローズガーデンの範囲内なら効果がある。

・自分にも、周りの人にもローズガーデンが見えない。

・ローズガーデンを使用してすぐ(16frame以内?)に、移動や何かスキルを使用すると、見えないローズガーデンのダメージ返し付加効果がない。
2011/04/19アップデート後から、ローズガーデンを使用してすぐに移動をしてもダメージ返しの付加効果があります。


・見えないローズガーデン(2)

見えないローズガーデン?1個目

ローズガーデン使用動作中にクイックスロットにセットした武器のキーを押す(この方法を"スキルモーションキャンセル"と呼ぶ)ことで出来ます。
スキルモーションキャンセル~活用と訂正~


☆特徴

・ローズガーデンは見えないが、ローズガーデンの範囲内なら効果がある。

・自分にはローズガーデンが見えないが、周りの人にはローズガーデンが見える。


・見えないローズガーデン(3)

自分からは見えないけど、周りからは見えるローズガーデン

条件はまだはっきりとは分かっていません。
露天放置や放置をした後に出来るようになることが多いので、放置と関係があるのではないかと思います。


☆特徴

・一度見えないローズガーデンを作り出せる状態になってしまうと、レッドストーンを再起動しない限り、見えないローズガーデンを作り出せるようになってしまう。

・ローズガーデンを使用したときはローズガーデンを見ることが出来るが、何かスキルを使用すると見えなくなる。

・ローズガーデンは見えないが、ローズガーデンの範囲内なら効果がある。

・自分にはローズガーデンが見えないが、周りの人には見えてしまう。


以上、ローズガーデンについてでした!
今後、書き忘れ、間違い、発見があれば改定していく予定です。

【2012/04/22 記事改定】
"65536を超えるとループする"ということを追記
感電の追加ダメージが無いということを追記
また、それぞれリンクを追加。
その他


分かり難い箇所があれば気軽にコメントくださいね!

殴られリトルとは?~スキル編②・改~

スキル編②では、殴られリトルの視点で見たリトルウィッチのスキルについて書いていきます。


465Lvリトルスキル

これは、Lv465のあたしは犬になるのスキルです。


評価基準は、

◎・・・殴られリトルにとって必須スキル or とても便利なスキル

○・・・便利なスキル

△・・・あれば何かに使えるスキル or 釣りで使えるスキル

×・・・殴られリトルにとって使えないスキル or 使わないスキル

です。


☆スウィングワンド

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆スターガン

ソロ・・・×
スキル仕様変更で移動速度低下が追加されたため、釣りには向かなくなりました。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆ギガンティックワンド

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆コメットシューティング

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆クエーサーシャワー

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆金切り声

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・△
バトルマーチもONにしていると支援しているか分からなくなるので、アイドルスターの代わりに使うこともある。

☆ムーンウォーキング

ソロ・・・△
無いよりあった方が良いから使う程度。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆バトルマーチ

ソロ・・・△
オートスキルの中でこれは常にON状態のときが多い。

狩りpt、秘密pt・・・○
あれば喜ばれるはず。

GV、攻城戦・・・○
命中率UPとかいいね。

☆レッツダンシング

ソロ・・・×
タゲを外せるけど、これを使ってまで外さなくても…って感じ。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・△
状態異常抵抗が低い人にのみ有効。
紋章からのタゲ外しに使える。

☆アイドルスター

ソロ・・・△
回避、防御力、移動速度上昇で、釣りのときにONするのが良いが、あまりリトルウィッチで釣る機会がない。

狩りpt、秘密pt・・・△
これとバトルマーチで支援がかかっているか分からなくなるから、切っていた方が良い。
でも、支援さんがいないときに使える。

GV、攻城戦・・・△
上と同じ理由。

☆アストラルスピリット

ソロ・・・△
無いよりあった方が良いから使う程度。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆ステラピア

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆スターライト

ソロ・・・◎
リトルウィッチのときに、運の4分の1がカリスマになる。
アイテムドロップ確率が高くなる。
回避が上がったり、ダブルクリティカルが抑制されて、死ににくくなる。
命中率が上がる。

攻撃速度が遅いモンスターと戦うときは基本使わない。

狩りpt、秘密pt・・・◎
主に物理火力さん優先でかける。

GV、攻城戦・・・◎
上と同じ理由。

☆勝利の女神

ソロ・・・◎
健康が上がるので、HPを上げることができる。
デスペナでステータスが下がって装備が外れたときに使える。

狩りpt、秘密pt・・・○
テイム支援とかいい。

GV、攻城戦・・・○
効果は薄いけど使える。

☆ウルトラノヴァ

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・○
低下支援として有効。
魔法抵抗はネクマンサーよりも下げることができる。

GV、攻城戦・・・○
敵の回避、命中上昇効果を打ち消すことができる。

☆愛の伝書鳩

ソロ・・・○
ラージポーションで狩りをしていた頃、大変お世話になりました。
フルヒを投げ出してからはあまり使わない。

狩りpt、秘密pt・・・△
強化解毒剤を買えるというところがいい。

GV、攻城戦・・・△
物資が切れたもしもというときにのみ使用。

☆ラビットラッシュ

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・○
足止めで使うときがある。

GV、攻城戦・・・◎
足止めとして、活躍できる。

☆マジカルドローイング

ソロ・・・△
残念なことに、ローズガーデンの効果はコピーしたモンスターには効果がない。
死んだ振りとかでタゲを外したとき、コピーした敵が代わりにタゲになってくれる。

狩りpt、秘密pt・・・△
コピーした敵のスキルによっては使える。
デビルスピード等。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆ローズガーデン

ソロ・・・◎
殴られリトルだもの。言わずもがな必須。
立ち止まって、障害物に隠れやすくなるというのも便利。

狩りpt、秘密pt・・・△
狩りpt、秘密ptじゃあまり役に立たない。
殴られリトルが必須という狩場があれば良いのだけど…

GV、攻城戦・・・◎
ペットと協力して、即死級のダメージを与えられる。
また、決定打の反射も強力。

☆マジックボックス

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆ブレストファイア

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・△
足止めを受けても使えるため、ブレストファイア→武器変身という方法で逃げることができる。

☆ビックサービス

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆ライトニングワインダー

ソロ・・・◎
モンスターの攻撃をばらけさせてBOXダメージを引き起こすことができる。
また、インフィニティロッドに知識や光抵抗弱化の効果があるので、補助火力として使うことが多い。
ただ単に釣りに使うことができる。
殴られリトルにとっては非常に使えるスキル。

使う際には、クイックスロットを用いた"スキルモーションキャンセル"を忘れずに。
スキルモーションキャンセル~活用と訂正~

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

☆花の乙女スペシャル

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・△
見えないローズガーデンの成功確率を上昇させるときに使える。
しかし、スキルモーションキャンセルを失敗することがあるため、ガールズパラダイスを使う方が良い。

☆ガールズパラダイス

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・△
ptメンバーのCPを回復させる。

GV、攻城戦・・・○
花乙女スペシャルと同じく、見えないローズガーデンの成功確率を上昇させるときに使える。
ガールズパラダイスの場合、スキルモーションキャンセルを失敗することがない。


以上、殴られリトルの視点で見たリトルウィッチのスキルでした。

【2011/08/14 記事改定】
主にオートスキル、変身系スキルの評価を変更。

殴られリトルとは?~スキル編①・改~

スキル編①では、殴られリトルの視点で見たプリンセスのスキルについて書いていきます。


465Lv姫スキル

これは、Lv465のあたしは犬になるのスキルです。


評価基準は、

◎・・・殴られリトルにとって必須スキル or とても便利なスキル

○・・・便利なスキル

△・・・あれば何かに使えるスキル or 釣りで使えるスキル

×・・・殴られリトルにとって使えないスキル or 使わないスキル

です。


・石投げ

ソロ・・・△
釣りに使える。
初期スキルだから、CPマイナスでも使えるというのがいいところ。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
扉の鍵を壊すときにしか使わない。

・岩投げ

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・ホットスピンストーン・・・×

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・ランダムショット

ソロ・・・○
範囲攻撃で釣ることができる!
釣りが必須な殴られリトルにとってこれは便利。

狩りpt、秘密pt・・・△
釣りが必要な場合のみ使用。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・ゴリアテスレイヤー

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・ボトル投げ

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・ポーション投げ

ソロ・・・◎
殴られリトルの必須スキル!

狩りpt、秘密pt・・・○
回復職がいないときに大活躍。
回復職がいたら、あんまり使わない。

GV、攻城戦・・・◎
フルヒを大量に投げて常に回復している状態に出来る。

・薬投げ

ソロ・・・△
異常状態になったときに便利。

狩りpt、秘密pt・・・○
ptメンバーが異常状態になったときに使える。

GV、攻城戦・・・◎
足止め、レクイエム、裏切りの契約をかけられたptメンバーや状態異常になっているptメンバーに、万病治療薬を投げるといい。
スキルLvを上げるほど消費確率が減っていくから、マスターしてもいいかも。

・フラワーシャワー

ソロ・・・◎
防具破壊が効きにくい敵に投げるのがいい。

狩りpt、秘密pt・・・◎
各種異常抵抗&即死抵抗&属性抵抗を下げることができ、必中で、範囲に効果があるので、ある意味、ネクロマンサーの死の香りよりもいい。

GV、攻城戦・・・◎
ディバインアーチやミラータワーの属性抵抗上昇効果を上書きし、属性抵抗を下げることができる。
魔法範囲職が味方にいればとても使えるスキル。

・キャンディーシャワー

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・△
混乱させることで、足止め支援にはなるかも。

GV、攻城戦・・・△
異常状態抵抗がない相手に使うといい。

・横びんた

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・大びんた

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・スリング殴り

ソロ・・・◎
スリング殴り1回で4回ダメージを与えられる。
その4回全てに防具破壊の判定があり、範囲なのでかなり使える。
ただし、殴り過ぎはBOXダメージの妨げになるので注意。

狩りpt、秘密pt・・・○
エンチャをしてもらってスリング殴りをすることで、序盤はかなりの火力になる。
高Lvになれば効果は今一つ。

GV、攻城戦・・・△
紋章相手、戦略ポイントで使います。

・ビックリびんた

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・モンスターバレット

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・死んだふり

ソロ・・・◎
モンスターを暗闇状態にして、死んだ振りをすることで完全にタゲを外すことができる。
緊急回避に使えてとても便利。
再使用時間も短いところもいい。

また、クールタイム中に使用すると、使用したその場で立ち止まることができる。
障害物に隠れたいときに便利。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・○
狙われているときにこれをすることでタゲを外し時間を稼げる。
でも、足止め状態のときはできないけどね。

・トリックキック

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。

・スキップジャンプ

ソロ・・・◎
ダメージを受けずに釣りができるなんて、とてもいいに決まってるじゃない。
どのスキルと比べても最速で移動できる。
しかし、スキップジャンプ中に釣り用のスキルが使用できず効率が下がる場合もある。

死んだ振りと同様に使用できないときに使おうとすると、使用したその場で立ち止まることができる。

狩りpt、秘密pt・・・△
釣りくらいにしか使うことがない。

GV、攻城戦・・・◎
このスキルに何度助けられたことか…
知識ダメージもノーダメージになるので、緊急回避として使える。
でも、ラビットラッシュで足止めされ続けるとどうしようもない。
このスキルの効果中、アイテムを使うことができないというところが難点。

・うそ泣き

ソロ・・・△
殴られリトルの場合、ポーション投げ、ダメージをCPに変換でCPを貯めるので、そんなに使わない。
でも、スキップジャンプをするときなど、少しCPが欲しいときに使うことがある。

狩りpt、秘密pt・・・△
青POTを使わずにCPが欲しいときに使用。

GV、攻城戦・・・△
青POTを使わずにCPが欲しいときに使用。

・おしゃべり

ソロ・・・△
青POTを使わずにCPが欲しいときに使用。

狩りpt、秘密pt・・・△
青POTを使わずにCPが欲しいときに使用。

GV、攻城戦・・・△
青POTを使わずにCPが欲しいときに使用。

・うさぎ変身

ソロ・・・◎
狩場への移動、緊急回避として使える。
左クリックで攻撃しながら、うさぎ変身をキーボードから使うことで、周りのモンスターのタゲにならずに釣ることができる。
これによって、モンスターの隔離がしやすくなる。

死んだ振りと同様に使用できないときに使おうとすると、使用したその場で立ち止まることができる。

狩りpt、秘密pt・・・△
特定のモンスターの釣りのときに使用。

GV、攻城戦・・・○
死んだ振りと同じ理由。
あと、物理攻撃ダメージを100%回避だから、物理火力さんから逃げることができる。
でも、光属性ダメージなどで回避を打ち消されて、足止めされた場合、うさぎ変身が解けるまで何もできなくなるので注意が必要。

・武器変身

ソロ・・・×
移動しながら、プレイヤー以外に使うことで、好きなところに止まることができる。
でも、障害物をはさんではできない。

狩りpt、秘密pt・・・○
移動スキルを持っている人の武器になると、秘密内の移動がとても楽になる。
同マップ上なら課金している人の記憶で移動ができる。

GV、攻城戦・・・◎
完全に無敵になることができるスキルであるため、スキル装備をして鞄の中から支援もできる。
緊急回避にも非常に便利。

・丸太変身

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・△
足止め状態でも使うことができて逃げることができる。
でも、使うとしたら武器変身の方がいい。

・バルーンアタック・・・×

ソロ・・・◎
防御力を大幅に上げることができる素晴らしいスキル。
モンスターに殴られながら使うことで、BOXボーナスを上昇させつつHP回復を待つことができる。

BOXボーナスとは被ダメージにかかる補正のこと(と勝手に定義)で、短い間隔でモンスターからの攻撃を受け続けることで上昇していく。
また、上昇した被ダメージのことをBOXダメージという。

バルーンアタックの防御力上昇は+○○%ではなく、単純に加算されて健康による防御力上昇率の効果を受ける。

また、解除後は元々かかっていた防御力補正を消す効果がある。
辻でエビをかけられたときに使える。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・△
基本使わないが、殴られリトルとしてLAを狙っているとき、防御力上昇効果を利用して緊急回避が出来る。

・プリンセスのキス

ソロ・・・×
使わない。

狩りpt、秘密pt・・・×
使わない。

GV、攻城戦・・・×
使わない。


以上、殴られリトルの視点で見たプリンセスのスキルでした。

【2011/08/14 記事改定】
主に釣りスキル、バルーンアタックの評価を変更。

Appendix

カウンター

プロフィール

あたしは犬になる

Author:あたしは犬になる
見た目は犬じゃないけれど、気持ちはいつも犬のまま。

QRコード

QRコード

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ファンサイトランキング

ファンサイトランキング
再登録出来たよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。